『ちょうどいい距離感が家族の絆を深める』

空間を壁で仕切るのではなく、各フロアを縦に半階ずつずらしながらエリアで分けるから、
家全体がゆるやかにつながります。
どこにいても目や声がとどきやすく、家族の気配を身近に感じられるので、それぞれが
心地よい距離感をもってクラスことができます。