住宅ローン無料高精度計算サイト20選

家をたてたい
マリコ

叔父さん、前回はローンについての解説ありがとうございました。

設計士
オジー

どういたしまして。でもローンに関わるライフプランを組み立てていくなかで一つ重要なことがあるんだ。それはローンを返済するまでに何年かかるかきちんとシュミレーションすることなんだ。コツコツ返していけば必ず返せて晴れて自分の家になるんだから良いよね。きちんとしたシュミレーションを出すには自分の想像だけでなく、インターネットの力も借りてみよう。今回は住宅ローンの高精度シュミレーションサイト20選をお送りするよ。これで一度ローンの返済のシュミレーションを作って、どれくらいかかれば完済出来るかシュミレーションしてから、しっかりとしたライフプランを立ててみよう!

 

オジーの言う通り住宅ローンの返済をシュミレーション出来るサイトはインターネット上に数多くあります。今回は住宅ローンの返済をシュミレーション出来るサイトを20挙げてみました。これから紹介するサイトを使って前記事で作ったライフプラン以上の高精度なプランを作成し、住宅ローンの返済に役立てましょう。

※各サイトリンクを貼りつけています。金融機関名の下の空欄をクリックするとそのサイトに移動することが出来ますので是非ご利用下さい。

住宅ローンの返済シュミレーションサイト20選

JAバンク

http://www.jabank.org/money/myhome.html
農協が構成するJAバンクのローンシュミレーターはかなりシンプルな作りで、即座に結果が見れます。金利はお近くのJAに電話でお問い合わせ頂ければすぐ確認することが出来ます。まだ具体的にローン返済の計画が決まっていない方にとてもお勧めできる返済シュミレーションサイトです。金利と金額を入力するとスパッと正確な返済金額とグラフが画面上に出てきます。

イーローン

https://www.eloan.co.jp/sim/
イーローンはSBIホールディングスが展開する日本最大級のローンデータベースです。住宅ローンのみならず一般のローンもシュミレーションする事が出来ます。住宅ローンの返済額シュミレーションだけでなく、借入れ可能な金額をワンクリックで表示してくれる使い易いサイトです。シュミレーションは表に出してくれ、月々の返済額と残高が一目瞭然です。このシュミレーションは月々の返済額と金利を入力すると借入れ可能額を表示してくれます。いくら借入れ出来るか把握出来ていない方にお勧めされるシュミレーターです。

みずほ銀行

https://www.mizuhobank.co.jp/cgi-bin/loan/payment.cgi
日本の都市銀行の一つ、みずほ銀行のHPの利点は金利を電話でお問い合わせ頂くことなく、種類を選ぶとHP上に一瞬にして出してくれる点です。それは変動金利、固定5年、固定7年、固定10年、固定15年、固定20年という風に銀行でローンの種類がラインナップされている為です。借り換えや新規住宅ローンの事前審査もネット上で出来ますので家に居ながらにしてローンを組むことが出来、とても便利です。その特徴は、いつでもお申し込み、来店不要、無料 、口座不要と利便性を追求した形となっています。

三井住友銀行

http://www.smbc.co.jp/
本店を東京都墨田区に置く都市銀行、三井住友銀行のシュミレーションは目的別に住宅ローンを選択出来ます。返済額シュミレーション、借入れ可能額シュミレーション、住み替え計画資金シュミレーションに入力することで毎月の返済額と住み替え資金を計算することが出来ます。

住宅保証株式会社 住宅ローンシュミレーション

http://www.smbc.co.jp/kojin/jutaku_loan/shinki/sim/
この会社の特徴は複数ローンの組み合わせが出来る点です。さらに返済プランの比較も出来るのでどことローンを組もうか迷っている方にはとてもお勧めできる会社です。いろんな会社のローンを比較して自分に合った返済計画を提示してくれる企業を選択する事が出来るので便利です。

楽天銀行 住宅ローンシュミレーション

https://www.rakuten-bank.co.jp/home-loan/simulation/
新たな形態に属する銀行、楽天銀行のローンシュミレーションは借入れ返済額を年と月々と両方表示出来ます。またインターネットに強いのでSKYPEを使った対面相談も行っています。店舗に行くのが難しい方はスカイプでご相談される事をお勧めします。

フラット35 らくらく診断

https://home-loan.rakuten-bank.co.jp/webregist/HousingLoanTopEntry.do?l-id=hl_sim_refinance_0905_1_CO405
フラット35のらくらく診断はローン審査もさることながら、マンションの物件もWEB上で検索する事が出来ます。資金計算も現在の年収から算出することが出来るので、お求めの物件と住宅ローンを合わせて選びたい方にはうってつけです。

イオン銀行 住宅ローンシュミレーション

https://www.aeonbank.co.jp/housing_loan/
イオングループが運営するイオン銀行のローンシュミレーターでは現在の年収やお家賃から借入れ金額をクイック選択出来ます。こちらは名前の通り素早くローンの見積もりを出してくれますので、とても便利なローンシュミレーターです。またメニューも当初固定金利・変動金利 イオン銀行の住宅ローン、万が一の病気に備えた疾病保障付住宅ローン、超長期の返済でも金利の変わらない安心のフラット35などの金利のメニューがあります。またこの銀行の特徴は賢い住宅ローンの借り方をWEB上で提案してくれるところです。特典も用意されており、ユーザー(消費者様)の事を良く考えた住宅ローン借入れ先様と言えるでしょう。

じぶん銀行 住宅ローンシュミレーター

http://www.jibunbank.co.jp/products/homeloan/simulator/#/new/debt
じぶん銀行はKDDIと三菱東京UFJがタッグを組んだ銀行で、WEB上に店舗を持つ銀行です。借入れと借り換え両方から毎月の返済額を調べる事が出来ます。またキャンペーンをしており、携帯キャリアがAUの場合じぶん銀行に登録しておけばキャンペーンでキャッシュバックを受けることも出来ます。住宅ローンのページは充実しており、準備する必要書類がもれなく書かれている上、住宅ローンを易しく解説したページもついているので、そもそも住宅ローンが分からない場合は、じぶん銀行のシュミレーターを使うことで賢くローンを組む一助となります。

SUUMO 支払額シュミレーション

https://www.suumocounter.jp/
SUUMOの本業は「家を買う、借りる、建てる、リフォームをする、売る」という総合的な住まい方の相談を行っている不動産サイトです。そこに住宅ローンも追加して家のあらゆる事が相談可能なので、まだローンどころか土地探しが決まっていない方は、住宅の購入をSUUMOのみで簡潔出来るという便利な点があります。WEB専用の不動産サイトなので整然としたとても便利なつくりとなっています。

新生銀行 住宅ローンシュミレーション

http://www.shinseibank.com/powerflex/housing/simulation/kariire/
東京都中央区に本店を置く普通銀行、新生銀行の住宅ローンは返済金額を入力すると一気に返済額とグラフが出ます。返済チャートは一目瞭然で分かり易いものとなっています。対面の相談のみならずWEB上でも相談をする事が出来て、とても分かり易いつくりとなっています。

価格.com 住宅ローンシュミレーション

http://kakaku.com/housing-loan/simulation.asp
このサイトは最初は一つの窓の中に借入額を入れていくとそれが広がっていき、最終的にそれを年収に反映出来ます。利用している方はご存じだと思いますが、これは一つのサイトだけでなく数多くのサイトを総合して比べてくれるサイトです。サイトを見てみると各銀行の金利が一目瞭然で、既出の金融機関やこれからご紹介する金融機関のローンを一覧する事が出来ます。どこから住宅ローンを借りるかまだ決まっていない方は価格.comをつかって見てみるとどこの住宅ローンが良いかチェック出来るので便利です。

三菱UFJ信託銀行 住宅ローンシュミレーション

http://www.bk.mufg.jp/banquic/index.html?pgid=08
2005年に設立された三菱フィナンシャルグループの子会社で信託業務(財産の処分や管理)を行う信託銀行です。この会社の特徴は住宅ローンのシュミレーション以外にも購入、新築、リフォームローンのシュミレーションをすることが出来ます。またWEBの相談会も開いているので平日の仕事帰りなどにも利用できます。この銀行の住宅ローンの特徴は3大疾病を発症した場合特約として住宅ローンを全額返済してくれるところにあります。ご自分の健康に自信がなく、将来3大疾病の危険性が懸念される方にお勧めの住宅ローン借り入れ先様といえるでしょう。

静岡銀行 ローンシュミレーション

http://www.shizuokabank.co.jp/financecalculation/
静岡県静岡市に本店を置く大手地方銀行の静岡銀行のサイトの住宅ローンシミュレーションでは、住宅ローンお借入金額、利率、期間により毎月の返済額などを計算してくれます。また住宅ローン借替えも試算できます。現在、静岡銀行以外でお借入れの住宅ローンを借り替えした場合のメリットを確認したいと思う方、無担保ローンシミュレーション組みたいと思う方に向けて、返済額などをシュミレーションします。その他マイカーローン、リフォームローン「リフォーム天国」、趣味と暮らしのローン「生き活き設計」、教育ローン(一括借入タイプ)の返済も確認することが出来ます。

広島信用金庫 ローンシュミレーション

https://www.2shinkin-hosho.jp/housing_loan/application/products/list.php?bankCode=1750&pageFlg=1
広島信用金庫は広島市に本店を置く信用金庫ですが、高精度な住宅ローンシュミレーターを持っています。住宅ローン「マイ・ドリームプラン」ではお客さまのライフステージの変化に合わせて、住宅の購入資金、住宅の新築(建替を含む)資金、住宅の増改築・リフォーム資金、住宅ローンの借換え資金等、様々なマイホーム資金にご利用いただけます。住宅に住まうにあたってエコリフォームを含む場合、借換えを含む場合、カードローン契約のある方(同時にお申込みいただける方、インターネットで仮審査をお申込みいただける方)等様々な側面で金利の優遇が受けられます。

十六銀行 ローンシュミレーション

http://www.juroku.co.jp/personal/loan/simulation/
岐阜県岐阜市に本店を置く地方銀行、十六銀行では、わかりやすいデザインのローンシュミレーターが完備されています。結果を保存することが出来、自分のローンシュミレーションのアーカイブとしてとっておけます。保存できる数は3パターンあり、自分が借りる住宅ローンの把握に役立ちます。

株式会社NTTデータAビッグ 住宅ローンシュミレーション

http://www.abic.co.jp/homepage/products/home_loan_simulation.html
株式会社NTTデータAビッグのローンシュミレーターはどちらかというと業務用のローンシュミレーターで、注文住宅業者様の訪問先で、住宅ローンの説明を行いたい、保証料など住宅ローンにかかわる諸費用を含めた詳細な金額を提示したい、借り換えのメリットをわかりやすく説明したい、等の希望に応えてくれます。アプリやタブレットで計算するタイプなので使用にあたってはお問合せが必要です。

四国銀行 ローンシュミレーション

http://www.shikokubank.co.jp/individual/kariru/simulation/simu1.html
四国銀行のローンシュミレーターはカーソルをドラッグすると返済金額と試算内容が一目瞭然で上下するのが分かります。ローンの種類も一般の住宅ローン以外にエコ住宅ローン、高知県産材住宅ローンと3種類用意されています。また3大疾病などの特約の有無も選択肢に入れることが出来ます。

ミサワホーム 資金シュミレーション

https://www.misawa.co.jp/kodate/guide/simulation/shiharai.php
住宅の設計・施工・販売を行っている不動産メーカー、ミサワホームでは住宅ローンのシュミレーションも行っています。3種類のシュミレーションがあり支払額シミュレーション以外にも借入金額から月々(ボーナス)の返済金額を算出するシュミレーション、借入金シュミレーション、家賃・ローン比較シミュレーションと内容も充実しています。

生活応援バンク沖縄ろうきん ローンシュミレーション

http://okinawa-rokin.or.jp/
那覇市に本店を置く沖縄ろうきんのローンシュミレーションはhtmlのページでシンプルな作りですが新規と借り換え両方のシュミレーションから選択することが出来ます。ローン相談会も定期的に開催されており、シュミレーションの結果をもって店舗で相談を受けるとより正確な返済計画が立てられます。

家をたてたい
マリコ

うわ~、ローンシュミレーターっていろんな機関がもっていて一杯あるんですね!

設計士
オジー

そうなんだ。日本全国の金融機関のWEB上では必ずと言って良いほどあるんだ。マリコさんも近くの金融機関をチェックしてみてローンシュミレーションをしてみよう。その結果を持って相談会に行けばより正確な返済計画が立てられるんだ。

 

まとめ

このように日本各地の金融機関で住宅ローンのシュミレーションが作られてWEB上に公開されています。ライフプラン表を作る以外にも事前にシュミレーションをしておき、金融機関に相談に行くことでより正確なライフプランに則った返済計画を立てることが出来ます。新しく住宅ローンを借りる方や、借り換えをご希望される方は是非各金融機関が作っている高精度シュミレーターをご利用下さい。