耐震等級ってどんなもの?

おしゃれ住宅
マリコ

耐震等級ってどんなものなのかな?耐震等級が高いほど、「家は地震に強い」ということなのかな?

注文住宅
オジさん

耐震等級は、住宅性能表示制度の中の一つの基準で、「どのくらいの地震に建物が耐えられるか」を明確にしたものだよ。ただし、耐震等級が高ければ高いほど家は安心という訳ではなく、色々な考え方があるんだよ。

日本は「地震大国」と呼ばれるほど、地震による災害が多い国です。これまでの日本の歴史においても、大規模な地震により数多くの尊い人命が失われたり、大切な財産である住宅が被害にあったりしています。この記事では、地震から大切な人命や資産を守ることを目的として制定された耐震等級の考え方について見ていきましょう。

耐震等級って何?

耐震等級とは、住宅性能評価制度の中に設けられた住宅の耐震性能に関する基準のことで、耐震等級を正しく理解するには、住宅性能評価制度を正しく理解する必要があります。また、耐震等級は長期優良住宅の認定とも深い関わりがあるため、全体的な流れを把握しておく必要があります。

住宅性能評価制度の概要

住宅性能表示制度というものを耳にしたことがあるかもしれません。これは、様々な種類の住宅の性能を、知識に乏しい消費者にも簡便に理解できるように表示する制度のことであり、具体的には、

  • 省エネ性、遮音性、構造耐力などの、住宅の性能表示を適正にするための共通ルールの策定により、実際に消費者が住宅を購入する時の比較検討を簡易にする。
  • 明確な基準のもと、対象住宅を第三者機関によって客観的に評価することにより、住宅性能評価結果に正当性、信頼性を持たせる。
  • 契約書や契約内容に住宅性能に関する項目の表示を盛り込むことにより、当該住宅性能の実現性を確保する。

ということを主な内容としています。つまり、新築住宅や中古住宅を購入しようとしている消費者にとって、住宅の性能が「わかりやすく、かつ他の商品と比較がしやすい明確にして共通な基準があり」、「その性能が信頼するに足る状態であり」、「販売業者等との契約書面により、その性能が表示通りに正しく実現されることを約束する」ことを目的として制定された制度です。

このような制度が一切ない状態で家づくりをしたり、住宅を購入しようとしたらどうでしょう。おそらく、何が本当に良い商品なのかわからない上に、他と比較する基準がないために、最終的に消費者の不利益になる可能性が高いと思われます。

住宅性能評価制度はそのような意味で、住宅や建築に関してあまり知識のない消費者が悪徳業者や手抜き業者に騙されないように保護する制度とも言えるでしょう。

耐震等級の概要

耐震等級とは読んで字の如く、どのくらいの強さの地震に耐えられるのかを示した等級です。地震災害の現場報道などでは、よく地震の影響によって倒壊したり傾いたりした住宅や、一部分が破損した住宅を目にすることがあります。建築基準法上の耐震性能も考慮しつつ、「具体的にどのくらいの地震に耐えられるのか」を明確にしたのが耐震基準なのです。

具体的な基準を見ていきましょう。

  • 耐震基準1
    ・関東大震災や阪神淡路大震災級の、過去に日本で発生した大規模な地震規模(震度6強~7程度を想定)に直面しても、住宅が倒壊・崩壊しない。
    ・比較的大規模な地震(震度5程度を想定)に直面しても、住宅に損傷が発生しない。
  • 耐震基準2
    ・耐震等級1で想定した地震の規模の1.25倍の地震に直面しても住宅が耐えられる。
    ※学校・病院等
  • 耐震基準3
    ・耐震等級1で想定した地震の規模の1.5倍の地震に直面しても住宅が耐えられる。
    ※消防署・警察署等

となります。耐震等級が上がれば上がるほど、「地震に対して強い建物である」ということがわかるかと思います。建てようとする、あるいは既に建てた住宅がどのくらいの規模の地震に耐えられるのかを明確に把握しておくことは、大規模地震や災害への意識向上をしていく上でも必須なことですし、自宅の問題点や課題を把握しておくという点でも有効です。

長期優良住宅と耐震等級の関係

長期優良住宅とは

長期優良住宅とは、国土交通省が推進している制度のことです。具体的には、対象となっている住宅が長期間にわたって使用し続けることができると認められた場合に、税金の特例措置や住宅ローン(フラット35など)金利の引き下げ、地震保険料割引など、様々なメリットを受けられる制度のことです。

長期優良住宅認定の諸条件の概要(一戸建ての場合)

  • 劣化対策
    床下空間の確保や各種点検口の設置など
  • 耐震性
    耐震等級2以上またはそれと同等以上の耐震性能を有すると認められる場合等
  • 維持管理対策
    清掃や補修など、給排水設備など各種設備の維持管理が容易に行えること
  • 省エネ性
    断熱性能の確保等
  • 居住環境
    当該敷地や建物が所管行政庁の地区計画等の対象となっている場合には、その条件を満たしていること
  • 住戸面積
    75㎡以上
  • 維持保全計画
    構造・防水・給排水などの部分や設備について定期点検や定期的な補修計画を策定しているかどうか

これらの条件から、建てようとする、あるいは改築しようとする住宅が長期優良住宅と認められるためには、耐震性能、省エネ性能、設備の劣化への対策などが確保されていることが必要となります。難しく聞こえてしまいますが、単純に説明すると、建物自体も一定の基準をクリアしていて強度的に問題がなく、設備や建物の整備を長期的に、かつ継続的にしっかりと行うことができることが明確になっているかどうか、といったところが基準となります。

せっかくおしゃれでデザイン的にも納得のいく家を建てたとしても、強度の上で問題があったり、定期的な維持管理が正しく行えないと、長期間快適に家で過ごすことは難しくなります。家は建てた後、1年や2年で買い替えるものではなく、一般的な人だと一生に一回あるかないかの重要な買い物です。30年や50年、あるいはそれ以上の期間を家で過ごし、次世代に引き継ぐ場合もあることを考えると、長期間住み続けることができるような対策を講じることは当然のことのように思われます。

耐震等級との関係

長期優良住宅と認められるためには上記のように様々な施工上、管理上のハードルがありますが、耐震等級についても所定の基準を満たす必要があります。

具体的には、耐震等級2の性能と同等以上の耐震性能が確保できていなければ、長期優良住宅として認められません。地震災害は、地震大国・日本で生活する上では避けては通れない事象です。地震予知の技術が発達し、近い将来大規模な地震発生が予想されている地域などでは、地震への対策をしっかりと講じるかどうかということは、家づくりの過程の中では欠かすことのできない重要な問題であると言えるでしょう。

耐震等級が必須な理由

建築基準法においても、耐震基準1を最低限満たす住宅の建築は必須項目となっています。なぜ、耐震等級を満たすことが必須なのでしょうか?

それは上述したように、日本が世界の中で見ても地震が多い「地震大国」と呼ばれているからです。現在日本国内の活断層の数は2000か所以上とも言われており、日本国内において、地震が絶対に起こらないと断言できる土地などどこにも存在しません。つまり、日本に住んでいる以上は、今この瞬間も地震の脅威にさらされ続けているということになります。

そのような状況の中で、尊い人命と大切な資産を守るために耐震等級を満たす住宅を建てることはいわば義務とも言えるものであり、当然のことと言えます。

耐震性能を向上させるには?

耐震等級に関する考え方についてはご理解いただけたかと思います。ここでは、実際に耐震性能を向上させるために有効とされる手法をご紹介します。

耐震壁の増設・補強

壁は、単に家を風や雨から守るためだけではなく、地震など外部からの力から家を守るために重要なものです。壁をバランスよく配置したり、場合によっては壁の量を増やしたりすると、地震に対して強い構造を作り出すことができます。

具体的には、耐震壁の増設を行うことで、耐震性能を向上させることができます。木造住宅の場合は部分的な補修に留まるケースもありますが、家全体で壁の増設や配置換えが必要と判断されると、大がかりな工事になることもあります。

基礎の補強

住宅によっては、耐震性能の低い基礎を採用している事例もあります(玉石基礎等)。そのような場合では、鉄筋コンクリート構造の基礎に作り替えることで、耐震性能を向上させることができます。

1階土台部分の補修

特に木造住宅の1階部分は、白アリによる食害や湿気等の影響を受けやすいところでもあります。腐食した部分を補修したり、場合によっては土台部分ごと取り替えることもあります。

柱や梁の補強

柱や梁の接合や筋交いの部分は、建物の強さを維持するのに重要な部分です。こうした部分に専用の金物を設置することにより、より強固にすることが可能です。

軽量な屋根への葺き替え

全体的な家のバランスの中で、屋根の重量は耐震性能を考える上で重要な要素です。例えば人間の場合でも、頭に重量物を載せている状態だと、歩行するときや直立している時にフラフラしてしまうように、家でもほぼ同じことが言えるのです。比較的重量の重い屋根材(日本瓦など)を採用している場合などは、軽量な屋根材に吹き替えることで、耐震性能を向上させることができます。

まとめ

地震大国と呼ばれる日本において家づくりを考えるにあたって、地震への備えや災害への対策は必要不可欠な要素であり、この部分を抜かしてしまうと、真の安心を得ることは難しいと言えるでしょう。この「真の安心」を得るために、耐震等級はその判断基準になるものです。

もちろん、「耐震等級3を満たしている家に住んでいるから絶対に大丈夫」という考え方は非常に危険です。仮に耐震等級3を満たしており、各種対策により非常に頑丈な家に住んでいたとします。家自体は地震による損傷・倒壊は免れても、家具の崩落などにより家の中に住んでいる人たちが被害を被っては意味がないのです。その意味で、「耐震等級を満たしていただけではそこに住む人たちの生活を100%守ることはできない」と言えます。

耐震等級は大切な家を守るために重要な考え方や基準の一つですが、家に住む人たちが地震や災害に対する基礎知識・危機感を共有し、普段から地震・災害に対する備えを徹底しておくことが最も重要なのです。