断熱材の種類と特徴 断熱材で暮らしがどう変わるの?

 

おしゃれ住宅
マリコ

断熱性の高い家は冬には暖かくて夏には涼しいと聞くけれど、断熱性の高い家ってどういう家なの?

注文住宅
オジさん

冬は冷たい空気、夏は暑い空気が家の中に入ってきてしまうと、家の中の温度が変化するよね?断熱というのは、断熱材を使って、冷気や熱を家の中に伝わりにくくすることなんだ。その結果、1年を通して家の中を快適な温度にしやすくできるんだよ。

 

断熱材の種類と特徴

断熱機能の高さは、ドアや窓などの性能によって大きく変わりますが、壁、天井、床に使われる断熱材によっても左右されます。さらに断熱材の種類や工法によっても断熱性は異なります。

代表的な断熱材には繊維系と発泡樹脂系があり、さらに繊維系には無機質繊維系2種類、木質繊維系4種類、発泡樹脂系4種類という10種類があります。

繊維系 空気が繊維の隙間に閉じ込められて熱が伝わりにくくなります。

 

無機質繊維系

グラスウール

一般的に最も多く使われているガラス繊維でできた断熱材です。高い吸音効果と防火性が特徴です。壁、天井、床などほとんどの場所に使うことができます。ガラス繊維なので、火災で有毒ガスが発生する心配がなく、シロアリの被害も防げます。防音性もあるので、道路の近くに立っている住宅では騒音を軽減することができます。

ロックウール

鉱物から作られた繊維を使った断熱材です。優れた防火性、防音・吸音性が特徴です。グラスウールと同じように、火災で有毒ガスが発生する心配がありません。

木質繊維系

セルロースファイバー

段ボールや古新聞とホウ酸を原料にするリサイクル断熱剤です。吸湿性、調質性が高いので、住宅内部の結露を防ぐ働きもします。さらに、断熱材の中で最も高い吸湿効果があります。

インシュレーションボード

廃木材を利用してボード状に形成したリサイクル断熱材です。調湿性が高い為、壁の内部結露を防ぎます。また、木の特性から消臭効果もあります。

ポリエステル樹脂

ペットボトルを原料にするポリエステル樹脂のリサイクル断熱材で、湿度が通りぬけていくので断熱性能が低下しにくい性質を持っています。虫の食害や腐食の恐れが無い為、防止薬剤が使われていない為、安全です。

羊毛

羊毛を原料とする断熱材で、ヒツジから刈り取ったバージンウールが使われているタイプと、羊毛から作られた布地を利用したリサイクルウールがあります。調湿性があるので、壁内部の結露を防ぐ、吸音・防音性が高いので、内部の音が外部に漏れる、外部の音が室内に響くことを抑えます。

→ 調湿性とは? 湿度が高くなった時には湿気を吸収し、空気が乾燥した時には、湿気を放出する働きのことです。断熱材には非常に有効な性質です。

→ 透湿性とは? 湿度が通りぬけていく性質のことで、内部の湿度を排出し、外部からの湿度を素早く逃す働きをします。

 

発泡樹脂系断熱材

ポリスチレンフォーム

ポリスチレン樹脂に発泡剤を発砲させてビーズ状にしたビーズ法ポリスチレンフォームと、板状に形成した押出法ポリスチレンフォームがあります。どちらも軽い、水や湿気に強い、断熱性能が高いという特徴を持っています。

ウレタンフォーム

ポリウレタンを発泡させた断熱材で、ボード状のタイプと、吹き付けるタイプがあります。透湿性、耐久性に優れています。

フェノールフォーム

フェノール樹脂を発砲させボード状に成形した断熱材です。発泡樹脂系断熱材の中では、断熱性能が最も高い、火災が起きた時に煙や有毒ガスを発生させないという特徴があります。

発泡ポリカーボネート

ポリカーボネート樹脂を発砲させボード状に成形した断熱材です。断熱性は他の断熱材に比べると低いのですが、シロアリを防ぐ効果が高いことから、主に住宅の基礎部分の断熱材として使われています。

 

断熱材の選び方

おしゃれ住宅
マリコ

いろいろな断熱材があるのね。どうやって選べばよいのかしら?

注文住宅
オジさん

家の向きや敷地の広さなどの立地条件や、自然環境の違いによって、最適な断熱材は違ってくるものなんだ。だから設計に入る前に断熱についてもしっかり相談した方が良いね。

様々な種類の断熱材がある中で、何を基準に選ぶべきなのか考えてみましょう。

性能の違い

断熱性 …断熱性の高さ(熱伝導率が低い)
フェノールフォーム 0.020
ボード状ウレタンフォーム 0.024
押出法ポリスチレンフォーム 0.028
ビーズ゙法ポリスチレンフォーム 0.034
グラスウール

ロックウール

0.038

 

セルロースファイバー

羊毛

発泡ポリカーボネート

0.040

 

インシュレーションボード 0,058

 

透湿性に優れている

ウレタンフォーム、発泡ポリカーボネート、フェノールフォーム、ポリスチレンフォーム

防火性・不燃性に優れている

グラスウール、ロックウール、セルロースファイバー、羊毛

防音・吸音に優れている

セルロースファイバー (比較的に優れているのはグラスウール、ロックウール、羊毛断熱材、ポリエステル断熱材)

エコロジー性が高い

セルロースファイバー、羊毛、ポリエステル断熱材

地域性の違い

1年を通して温暖な気候の地域もあれば、冬の寒さが厳しい地域、夏の暑さが激しい地域、湿度の高い時期が長い地域、乾燥する時期が長い地域もあります。居住している地域の自然環境に合わせて、専門家のアドバイスに従って適切な断熱材を選ぶことが大切です。

価格の違い

  • 標準的な価格 グラスウール、ロックウール
  • グラスウール、ロックウールの約2倍 ポリエステル断熱材、ポリスチレンフォーム、羊毛
  • グラスウール、ロックウールの約3倍 フェノールフォーム、発泡ポリカーボネート
  • グラスウール、ロックウールの約4倍 セルロースファイバー

 

断熱材を選ぶ際の見極めポイントとは?

予算がどんなに高くなっても全く気にならないという状況で家を建てるわけにはいかないのが現実です。断熱材も限られた予算の中で選ばなくてはなりません。検討するべきことは、何にこだわるかということと、地域性です。

エコロジーを最優先すれば、価格は相当高くなってしまいます。過剰な断熱が必要ない自然環境であれば、断熱材にかかる費用を低く抑えることができます。暮らしの中で求める快適さと地域性、断熱材の価格を合わせて検討することが、断熱材の見極めポイントと言えます。

 

断熱性の高い家が叶える快適な暮らし

おしゃれ住宅
マリコ

だんだんわかってきたわ。それで、断熱性が高まるとどんなふうにくらしやすくなるの?

注文住宅
オジさん

断熱材には、断熱に加えて防音、吸音性があるタイプや、燃えにくいタイプもあったよね。だから選び方によっては、家の中の温度管理以外にも、快適な暮らしを向上させる要素があるんだよ。

家の外観や間取りなどは目に見えますが、断熱性能は見た目ではわかりません。その為、家を建てる時には、家のデザインや間取りばかりに気を取られてしまいがちです。でも実際に暮らして見て暮らしやすさを感じる大きな要素の一つは、家の中の温度です。その他にも断熱性が家に与える影響について考えてみましょう。

快適さ

外気温が室内の温度に与える影響が少ないと、冷暖房をしているリビングや寝室と、冷暖房をしていない浴室や玄関などとの温度差が小さくなります。また、断熱材によって湿度も調整されるので、梅雨時にジメジメする、冬に乾燥しすぎるといったことも解消されます。

家族の健康管理

お年寄りにとって、冬の寒い浴室やトイレはヒートショックの原因となってしまいます。また、湿度の高い家はダニが発生してアレルゲンになり、目のかゆみや喘息などのアレルギー症状を引き起こすこともあります。その他にも冬場に室内が乾燥しすぎて、風邪をひきやすくなる、夏場に寝室が熱すぎて睡眠不足になるなど、温度差の大きい家は、健康に悪影響を与えます。断熱性の高い家では、そのようなリスクを低減することができます。

冷暖房費の節約

断熱性が高い家では、冷暖房の設定を最小に抑えても快適な温度が維持できるため、電気やガスの料金を節約できます。

住居の劣化を防げる

家の中と外との温度差が激しいと、地域によっては結露が発生します。結露は量が多いと、壁の中に浸透し、長年の間に建築材を腐食させてしまうことがあります。断熱性の高い家では結露が少ないので、家の寿命が長くなります。

 

断熱工法について

断熱の工法は、断熱をする部分や住居の種類、敷地環境などによって異なる2つの方法があります。

充填断熱工法

木造住宅で多く採用されている壁の中に断熱材を入れる断熱工法です。グラスウール、ロックウール、セルロースファイバーなどの繊維系断熱材の他に、発泡樹脂系の断熱材が使われることもあります。

外張り断熱工法

家の外側に断熱材を貼り付けていく工法で、主に発泡樹脂系の断熱材が使われます。外壁材を支える為の厚さ制限があるので、充填断熱と組み合わせて施工されます。ボード状の断熱材を隙間なく張ることができるので、高い断熱性、気密性を維持できるというメリットがあります。ただし、家の外側にスペースが必要なので、敷地が狭い場合には施工できないこともあります。

 

断熱性を高めるリフォーム

「壁の中に断熱材を入れるとなるとかなり大掛かりな工事になるのでは?」「仮住まいしなくてはできないのかしら?」新築の場合には問題なくできる断熱工法ですが、リフォームで断熱性を高めたいと検討している方にはいろいろな疑問がわくのではないでしょうか?

断熱性のリフォームにはいくつかの方法があり、居住したままでもできる方法もあります。

居住したままでできる断熱リフォーム

現在の家の壁はそのままにし、クロスだけ剥がして断熱ボードを貼り付け、クロスで仕上げるので、数日で工事が完了します。床板も剥がさずに床下から断熱パネルを貼るので、家具を移動させる手間もかかりません。窓は、現在の窓の内側に断熱窓を取り付けます。

玄関ドアや窓を交換するだけの断熱リフォーム

最も多い家の外からの熱や冷気の出入りはドアや窓です。その為、手軽に断熱性を高めたい場合には、断熱機能のあるドアや窓に交換するだけでも、壁や床に断熱材を入れるリフォームのような高い効果ではありませんが、ある程度の断熱性を高められます。

 

BinOつくばの住宅を見学してみよう

 →http://bino-tsukuba.com/shiryo

BinOつくばには、家族のライフスタイル、土地の形状、生活の環境などに合わせた、10のシリーズがラインナップされています。間取りや外観、機能性など家族が暮らしやすい家が揃っています。ぜひモデルハウス内覧にお出かけください。こちらからサイトがご覧になれます。

 

断熱性の高い家で快適な暮らしを実現しましょう。

家の断熱性は快適な暮らしにとって必要不可欠な機能です。地域や敷地環境、予算に合わせて最適な断熱材を選んで、快適な暮らしを実現しましょう。