かっこいい家とは?

 

おしゃれ住宅
マリコ

家を建てるならとにかくかっこいい家を目指したいのよね。そのためにどうすればいいのかしら?

注文住宅
オジさん
一口にかっこいい家と言っても、何に重きを置くかによっても変わってくるし、人それぞれ感じ方も変わってくるんだよ。もちろん外観だけではなく、内装にもこだわることで、自分だけのかっこいい家づくりができるようになるよ。

家づくりをするからには、外観はもちろん、内装にも自分の好みやこだわりを最大限反映させたいですよね。ですが、自分だけの趣味趣向を考えていたのでは、良い家づくりはできません。大切になってくるのは、「来訪者にどのようなイメージを与えるのか」というポイントでしょう。客観的に見てどのような家が「かっこいい」と呼ばれるのか、実例をもとに考えてみましょう。

現代でいうかっこいい家の定義とは?


そもそも「かっこいい家」とは、どのような家のことを言うのでしょうか?「かっこいい」というのは主観的なものであり、もちろん感じ方や考え方は人それぞれだと思いますが、一つは、「理想とするライフスタイルが達成されており、家族が生き生きと過ごせる家」が、かっこいい家と呼ばれる一つの要素なのではないかと考えます。具体的に、どのようなことを考えれば良いのか、以下に挙げてみましょう。

長く住んでも飽きのこないデザイン

家は「建てたら終わり」ではありません。むしろ、建ててからが家としての歴史が始まると言っても良いでしょう。建ててから2,3年で次の家に、ということはよほどのお金持ちか、何かの事情がなければあり得ない話だと思います。家は建ててから20年、30年あるいはもっと長い年月を家族と共に過ごす場所なのです。場合によっては、子や孫、あるいはその下の世代にまで大切に住み継いでいくこともあるでしょう。

長い歴史の中では、必ず流行廃りというものがあります。ただ単に流行の最先端を追求して家づくりをしても、数年後にはすっかり過去のものになっていることもあるでしょう。一番大切なことは、「長期間住んでいても、家主にとっても来訪者にとっても飽きのこないデザイン」を目指すことではないでしょうか?

「飽きの来ないデザイン」を実現するためには、派手過ぎず、シンプルな外観・内装づくりを心がけると良いでしょう。そうすれば、長い期間にわたって人々に愛される家づくりができることと思います。

時の経過とともに深みを増す無垢フローリング


長きにわたって愛される家が、かっこいい家づくりに欠かせないということはご理解いただけたものと思います。では、具体的に長期間に渡って愛される家づくりを考える上で、何を意識すればいいのでしょうか?

それは、年月の経過とともに少しずつ表情を変えていく家を目指すということです。

例えば内装をフローリングにしようと考えた時、一般的な集成材を用いたフローリングでは安定的な品質は確保できたとしても、おしゃれな雰囲気という面では無垢素材のフローリングにはかないません。無垢素材は原木から切り出してきた木材をそのまま床材に使用しているため、一つとして同じ模様やデザインのものがなく、個性的な内装の雰囲気を醸し出すのに一役買ってくれます。

無垢素材のフローリングのもう一つの利点としては、年月の経過に伴って少しずつ表情が変わってくるという点です。これは切り出してきた原木をそのまま床材として使用している無垢フローリングの性質上、通常の日常生活において少しずつ水分を吸収したり外気にさらされたりすることにより色が濃くなったり、より深みのある色になったりします。こうした変化を「経年優化」と呼ぶ人もいます。

通常であれば、経年と共に部材や木材が「劣化」し、建築当初から見て徐々に機能が低下していったり、外観上見苦しくなってきたりするものですが、無垢フローリングに関しては経年と共に少しずつ味のある、「かっこいい」佇まいに変化していくのが特徴と言えます。

こうした特徴を備えた無垢フローリングは、年月がいくらたっても色褪せない、そして飽きることのない素材です。「かっこいい」家を目指すなら、是非取り入れたい素材と言えるでしょう。

家づくりで「何を実現したいのか」を明確にして

注文住宅とは?建売住宅との違いや2つの種類・流れ~デメリットまで
外観上や内装の見た目やデザインを工夫することで、「かっこいい」家づくりをすることはできると思います。しかし、家づくりは何も見た目上のかっこよさだけを追求するためのものではないはずです。むしろ、そこに住む家族の快適な住環境を実現することを最優先とするべきです。

理想のライフスタイルや暮らし方を実現することができなければ、家づくりをする意味はありません。いくら有名なデザイナーに高額なデザイン料を支払い、デザイン的にかっこいい家を建てたとしても、せいぜい自慢できるのは建築してから数年でしょう。家づくりは、本来それが目的ではないはずです。

数十年先も家族が快適に暮らしていくことができる住環境を維持し続けることこそが、家づくりには欠かせない要素であるはずです。

家族の絆や家にいることで真の安心を得ることができていれば、傍から見ると、「かっこいい住まい方」ができていると言えるのだと考えます。それを抜きにして、「かっこいい家づくり」を語ることなどできません。

BinOかっこいい家の実例集

「かっこいい」家づくりに関しての考え方をご紹介しました。ここでは、実際に当社が手がけた「かっこいい」家の実例をまとめてみました。もちろん、こちらに紹介する家は、そこに住む人のライフスタイルや住まい方にいかに合わせられるかを考え抜かれたもののため、参考程度にご覧になってくださいね。

ウッドデッキで楽しみも取り入れて


外壁を同じ色に統一することにより、シンプルで洗練されたイメージがあります。アクセントの白い窓枠や柱が、より一層スタイリッシュな印象を際立たせますね。ウッドデッキも完備することにより、生活の中にちょっとした遊び心を取り入れることができています。誰もが一目見て「こういうかっこいい家に住んでみたい!」と言われるような素敵な家に仕上がっています。

片流れ屋根で洗練された印象に


こちらの家では、片流れ屋根を採用することによって洗練された印象を醸し出すことができます。2階に配置されているウッドデッキは、家の人が一息入れたり、洗濯物を干すのに最適な開放的なスペースになっています。

外構に配置されたヤシの木も、遊び心をくすぐる楽しいデザインになっていますね。

色の変化を付けるのも一つの方法


画像のように、外壁のデザインを上半分とした半分で変えることにより、メリハリのある印象を与えることができます。いわゆる三角屋根の採用によって、デザイン上はアメリカンの印象を醸し出しながらも、どこか北欧テイストの香りもする、面白いデザインに仕上がっています。

毎日帰宅するのが楽しみになりそうな、遊び心満載な家ですね。

外観だけではない!内装もかっこいいBinOの家

もちろん外観だけではなく、BinOでは内装にもこだわりを持っています。特に気を付けているのは、家族の絆や遊び心を大切にした内装のデザインを施すこと。BinOの家づくりには、こうした工夫が随所に施されています。是非参考にしてみてくださいね。

 ホビールームで趣味に没頭するスペースを確保


ホビールームは、文字通り趣味に没頭できるスペースのことです、画像の場合は自転車を持ちこんでメンテナンスなどが自由にできたり、書斎として活用することもできます。趣味や遊び心を大切にした住まい方が真の「かっこ良さ」なのではないでしょうか。

スキップフロアもおススメ


家の中を壁や間仕切りで区切らず、あえてスキップフロアという形で区切ることにより、より空間を広く、開放的に見せることが可能になります。また、壁や間仕切りのないデザインは、家の中にいる家族が一つの空間の中にいることができるという点で、家族の絆の醸成に一役買ってくれます。

こうした間取りでは、お互いの息遣いを感じながら暮らすことが可能になります。

無垢フローリングの採用により北欧スタイルを目指して


原木から切り出してきた味のある無垢フローリングは、外観上のかっこよさだけではなく、住む人にとって快適な住環境を得ることができます。木の香りや独特の風合いなどは、リラックスできる空間を提供してくれるのです。

こうした無垢フローリングに、木や自然の風合いを残した家具は非常に相性がよく、北欧スタイルの雰囲気を味わうことができます。

かっこいい家づくりは、BinOつくばで実現

BinOつくばでは写真で紹介したような「かっこいい家」を多数手掛けております。その中でも、特に「家族の絆」「人生を楽しむ」と言ったキーワードを軸に、真にお喜び頂けるような価値ある家づくりをご提供しております。

「かっこいい」家づくりを通して、末永い家族の幸せな人生を実現したいと思われている方は、是非BinOつくばの内容も覗いてみてくださいね。

BinOつくばについてはこちら

まとめ

「かっこいい家」の建築実例をほんの少しご紹介しました。大切なことは、何をコンセプトに家づくりを行い、それがどの程度達成されるかだと考えています。「あれも、これも」と言った具合に様々な流行の要素を取り入れ過ぎてしまうと、ややちぐはぐな印象の家になってしまいます。

理想の家づくりを実現するためには、多くの建築実例を持った家づくりのプロにご相談してみましょう。必ずや、満足のいく家づくりをするためのヒントが見つかるものと思います。