家キャンプの魅力とは?自宅で手軽に自然を味わう。

おしゃれ住宅
マリコ

マリコ最近「家キャンプ」と呼ばれるものが流行っているみたいですが、家でキャンプってどういうことなんですか?

注文住宅
オジさん

 その名の通り自宅でキャンプすることを家キャンプと呼びます。庭やベランダなどの屋外スペースを利用してテントやバーベキューセットをセットすることで初心者や子供連れでも簡単にキャンプの気分を味わえます。

庭やベランダなどの自宅の屋外スペースを利用した家キャンプが人気となっています。屋外にかかわらずリビングなどの室内のスペースでも出来るので雨天時や冬の寒い時期でもキャンプ気分を味わえます。

BinOつくばでも自宅の家キャンプを勧めています。そこで今回は家キャンプのメリットや必要な道具などについてご紹介します。

今流行している家キャンプとは?

家キャンプとはその名の通り家で行うキャンプのことです。ベランダでキャンプをするという意味で「ベランピング」と呼ぶこともあります。家キャンプはわざわざキャンプ場や見晴らしの良い大自然の中へ行く必要が無いので、寒い季節や遠くまで荷物を持って移動できない人でもキャンプの気分を味わう事が出来ます。

家キャンプの魅力は自宅のベランダや庭のスペースを利用してキャンプ気分を手軽に楽しめることにあります。慣れ親しんだ空間でもテントを張ってバーベキューを楽しめば一味違う雰囲気を味わう事が出来るでしょう

屋外のスペースが無い場合は部屋の中でも大丈夫です。家の中にテントを建てたりバーベキューセットを用意してバーベキューパーティを開いたりすることで手軽にキャンプの醍醐味を味わう事が出来ます。

家キャンプのメリット

天気に関わらず楽しめる

家キャンプにはメリットがいくつかあります。まず一つは天候を気にしないで済むことです。キャンプと言えば大自然溢れる山の中でテントを建てて遊んだり食事をしてゆったりとした時間を過ごすことが醍醐味です。

しかし解放感溢れる自然の中なので天候に大きく左右されてしまいます。途中で雨が降って計画が台無しになってしまうこともありますし、冬なんて雪が降ることもありますしそもそも寒いので山の中に行きたいとも思えません。

しかし部屋の中で行う家キャンプならばそんな心配は一切必要ありません。室内でテントを張るので外で雨や雪が降っていたとしても全く問題ありません。冬の寒い時期でも暖房器具を点ければ快適な温度の中でキャンプを行うという本来のキャンプならば絶対に味わえない魅力を体験できます

手軽に楽しめる

大自然の中で行うキャンプは楽しいですが遠出をしなければならないので大変です。最近は車を持っていない方も多いのでそもそも交通手段が無いという方もたくさんいるのではないでしょうか。

しかし家キャンプなら心配ありません。自宅で行うのですから交通手段はありません。キャンプセットを買い揃えておけばいつでもやりたい時に手軽にキャンプ気分を味わう事が出来ます。

家族で楽しみやすい

キャンプは友達同士でやる人もいれば家族で挑戦する人もいるでしょう。しかし小さい子供をキャンプ場に連れて行くとほとんどの作業をお父さん一人でやらなければならなかったり、子供が思わぬ怪我を負ってしまう危険性もあります。

家キャンプならばベランダや庭で行うので安全な環境でキャンプに挑戦できます。使う道具も限られているので一緒にテントを組み立てたり共同作業することで新たに家族の絆を深める事も出来ます。

グルキャンがしやすい

グルキャンとは友達や家族などの別のグループと一緒になって行うキャンプのことです。大人数で集まって行うので道具を持ち寄ったり役割分担をして作業が出来るので普通のキャンプとはまた違った楽しみ方が出来ます。

グルキャンは参加者全員の日程を合わせるのが大変だったり、道具もたくさん必要になるので難しい部分もあります。しかし家でグルキャンをするならば参加者は簡単に集めやすいですし、限られた空間の中で行うキャンプなので必要な道具も多くありません。場合によっては途中退場も可能なので参加者も手軽に参加できるのが家でのグルキャンの魅力です。

毎日家で使えるキャンプ道具

キャンプが好きな方にとってオフシーズンにキャンプ道具の保管することはとても大変ではないでしょうか。テントやバーベキューセットは保管するにしてもスペースを取りますし、その他のアウトドア用品もオフシーズンは全く使わず翌年には壊れているという可能性も考えられます。

それらの問題を家キャンプによって解決する事が出来ます。なぜなら家キャンプは1年中楽しめるからです。家キャンプなら冬や春先のオフシーズンでも問題なく楽しめるので結果的に1年中アウトドア用品を使う事が出来ます。

家キャンプを楽しむためには自宅の限られた空間でも使用できるキャンプ道具を用意する必要があります。そこで家キャンプや普段使いも出来るキャンプ道具をご紹介します。キャンプ道具は使い方次第で普段使いも出来る物が多いので持っていて損は無いでしょう。

キャンプ道具①テント

テントはキャンプをする上で無くてはならない存在です。それは家キャンプでも同じ事が言えます。例えリビングであってもテントの中に入れば簡単にキャンプ気分を味わう事が出来ます。

家キャンプで使うテントはサイズと簡易な建て方が重要になります。特に室内で家キャンプを楽しむ場合キャンプ場よりも圧倒的にスペースが狭いので大きなサイズのテントを買うと張れなくなってしまう恐れがあります。2~3人向けのサイズが調度良いくらいでしょう。

またテントは建てる際に地面にペグ(杭)を刺さなければなりません。しかし最近はペグを刺さなくても建てられる簡易型のテントもあります。フローリングの床には当然ペグは刺せないので簡易型のテントを用意しましょう。

キャンプ道具②ダッチオーブン

ダッチオーブンとは蓋つきの分厚い金属性の鍋です。加熱すると鍋全体に熱が行き渡るので中の食材を力強く煮る事が出来ます。煮るだけでなく、炒める、蒸す、揚げるといったあらゆる調理法が使えるのでバーベキューの際に重宝します。

カレーやシチューなどの定番の煮込み料理も出来ますが、力強い加熱性を利用して分厚く切った肉を中まで火を通す事も出来ます。そのためコンロを使ってダッチオーブンで調理すれば手軽にキャンプ気分を味わえるでしょう。

キャンプ道具③木製テーブル

テーブルは当然食事の際に使用するのですが、木製のテーブルを使用する事でより一層大自然の中に溶け込んだ気分を味わう事が出来ます。庭やベランダに4人掛けの木製テーブルを設置すればアウトドア感満載の雰囲気を味わえるのでインテリアとしても使えます。室内で家キャンプをするさいはテントの中で使えるローテーブルを用意しましょう。その中でコーヒーやお茶を飲めば簡単に非日常空間を味わえるはずです。

キャンプ道具④飯盒

キャンプの醍醐味の一つでもある飯盒(ハンゴウ)はご飯を炊くだけでなく煮込み料理などにも使える優れものです。炊飯ジャーではなく敢えて飯盒でご飯を炊くことで自宅に居ながらキャンプらしさを演出できます。飯盒は上手く使うのにコツがいるのでご飯が固かったり底の部分が焦げてしまう事もありますが、自力でご飯を炊く事の楽しみを味わう事が出来ます。

キャンプ道具⑤使い捨ての食器(割り箸、紙皿など)

キャンプでの食事といえば割り箸や紙皿の様な使い捨ての食器を使用します。バーベキューで焼いた肉や鍋で作った豪快な料理を使い捨ての食器で食べることでキャンプらしさを深める事が出来ます

確かに家キャンプであれば普段使用している食器をすぐに用意できるかもしれません。しかし非日常的体験をするためには敢えて使い捨ての食器で食事をしてみてはいかがでしょうか。それに使い捨ての食器は日常生活の中でも使う可能性があるので予備として持っていても邪魔にはなりません。

キャンプ道具⑥ランタン

キャンプで使うランタンは電気製品や燃料を燃やすオイルランプなどがあります。電気タイプのランタンならしっかりとした明かりを確保できますが、オイルランプなら優しい火による自然の明かりで包んでくれるのでより一層雰囲気を醸し出してくれます。

日が落ちて暗くなったら思い切って家の電気を消してランタンの明かりだけで過ごしてみましょう。とてもリラックスした気分になれる事でしょう。

またランタンは家キャンプだけでなく停電時や災害時にも明かりを確保できるので非常用として保管しておけばいざという時にとても役立ちます。

BinOつくばが提唱する家キャンプ

BinOつくばは自宅での家キャンプを推奨しています。キャンプを体験する事で自然の空気を体感し気分をリフレッシュする事が出来ます。私達は日常生活の中で多くのストレスを溜め込んで、時には閉鎖的な気持ちになってしまい落ち込むこともあります。

そんな時にキャンプという形で自然と触れ合うことで自分がどうあるべきかという考えと向き合う事が出来るでしょう。勿論実際に大自然の中でキャンプをした方がより一層大自然と近い距離に踏み込めます。しかし家キャンプで手軽に自然を味わう事でいつでも気持ちをリフレッシュさせることが出来ます。

興味がある方も日常生活に新しい風景を取り入れてみたい方も家キャンプに挑戦してみてはいかがでしょうか。

BinOが提供するアウトドア思考の住宅がコチラ

http://www.bino.jp/lineup/camp/

まとめ

自宅で手軽に体験できる家キャンプが現在流行っています。道具を用意するだけで誰でも簡単にキャンプ場に行った気分を味わえるので家族や友達と一緒に家キャンプに挑戦してみてはいかがでしょうか。

BinOつくばの住宅を見学してみよう

http://bino-tsukubai.com/shiryo