ウッドデッキのある住宅の魅力。メリットや施工例も紹介

おしゃれ住宅
マリコ

ウッドデッキがある家って家自体が広々と使えるし特別な空間を作り出せるから素敵ですよね。

注文住宅
オジさん

ウッドデッキは裸足でそのまま出入りできるので庭やテラスとは違った活用方法があります。遊びやアウトドアだけでなく洗濯物を干したリただ単にくつろいだりと様々な可能性を秘めているのが魅力です。

平屋の庭を有効活用する方法としてウッドデッキの設置が考えられます。ウッドデッキはリビングと同じ高さで窓1枚を隔てて繋がっているので室内外の出入りをスムーズにしてくれます。木材を使用しているので手入れは必要になりますが素敵なプライベートの時間を過ごせるスペースとなること間違い無しです。

今回はそんなウッドデッキの魅力と実際に施工されたウッドデッキの画像をご紹介します。

ウッドデッキとは?

ウッドデッキとは木材によって構成された自宅内のスペースの事を意味します。ウッドデッキは庭に広がる木製の床であることが多く、手すりやテーブルセットを置くことで敷地内に快適な空間を作り出す事が出来ます。

ウッドデッキのデッキ(deck)は船の甲板という意味があります。そのためウッドデッキは木材によって構成された広いスペースとしてのイメージが強くなっています。実際にウッドデッキを見るとたくさんの木の板が平らに並べられているので船のデッキを彷彿とさせる見た目になっています。

ウッドデッキの特徴

ウッドデッキは住宅における建物と庭の中間に位置しているエクステリアとしての役割があります。自宅のリビングにある掃き出し窓から庭を出入り出来るようになっているので、普通のテラスよりも開放的な空間を作り出してくれます。ウッドデッキは平屋の一軒家にピッタリで、横に広い作りになるため1階のリビングに併設させることが多いです。

木材を使用する

ウッドデッキは基本的に屋根が無い場所に設置する事が多いので、使用する木材も耐久性に優れた木材を使用することが多いです。特に雨や風にはほぼ間違いなくさらされることになるので耐水性に関しては必須条件と言っても過言ではありません。そのため最近では耐久性に優れた天然の木材だけでなく樹脂を混ぜ合わせた加工木材が使用されることもあります。

裸足で出入りできる

ウッドデッキは基本的に裸足で出入り出来るスペースであることが多いです。似た様な物でテラスもありますが、テラスはタイルや石張りなどで造られている事が多くサンダルや靴を履くことが多いです。そのためウッドデッキの方がテラスよりも室内と室外の一体感を出せる傾向にあります。

ウッドデッキがあることによるメリット

室内との隔たりを無くす

ウッドデッキを設置すると自宅内で自然を身近に感じられるようになります。建物の床と同じ高さのウッドデッキならば段差を感じることなく、場合によっては裸足のままで外へ出れるので自宅の敷地内で手軽に解放感を味わえるようになります。

床の高さが同じ

リビングにウッドデッキを併設させると一体感が生まれてとても広い空間が作り出せます。床の高さを統一させて窓ガラスを取り除けるようにすればリビングとウッドデッキを一繋ぎに出来て、まるで自宅を増築したかのような雰囲気を味わう事が出来ます。

皆でパーティ、一人でリラックス:楽しみ方は人それぞれ

ウッドデッキは人それぞれの楽しみ方が出来ます。主に家族で一家団欒のひと時を過ごしたい方、アウトドアが好きな方、家キャンプをよくやる方、外の空気を感じながらリラックスしたい方などにピッタリです。家族や友達と楽しい時間を分かち合う事も出来るし自然の雰囲気を思う存分漫喫する事も出来ます。

子供の遊び場に最適

ウッドデッキがあると嬉しいのは大人よりも子供の方かもしれません。裸足で走り回れる広いスペースは子供にとって最高の遊び場になることでしょう。最近は公園などの子供が外で遊べるスペースが減ってきています。そんな中自宅にウッドデッキがあればいつでも外で遊べますし、自宅内だから両親も常に見届けられるのでとても安心です。

洗濯物のスペースにもなる

ウッドデッキの使い道はパーティーやプライベートの漫喫だけではありません。その広いスペースを利用して洗濯物を干すことも出来ます。広くて風通しの良い場所のウッドデッキならば大家族の洗濯物も1日で乾かすことが出来るでしょう。またスペースが広いので衣服だけでなく、布団や絨毯の天日干しもできたりと様々な活用方法があります。

ウッドデッキ施工時の注意点

定期的なメンテナンスが必要

ウッドデッキは木材を使用しているので長い期間使用していると破損したりもろくなってしまいます。そのため定期的にメンテナンスをする必要があります。耐久性の高い天然の木材や耐水性に優れた合成木材であってもやはり時とともに劣化してしまうので設置する際の木材選びはかなり重要なポイントです。

日々の手入れ(掃除)も重要

ウッドデッキを長持ちさせるためにはメンテナンスだけでなく日々の手入れも重要になります。主にやるべきことは掃除です。ウッドデッキは常に雨風にさらされた状態になるので砂やホコリが溜まりやすいです。それらを放置しておくと見栄えが悪いだけでなく腐敗の原因にもなってしまうので必ず取り除くようにしましょう。

物を置いた場所は破損しやすい

ウッドデッキには観葉植物やテーブルなどの物を置いてあることが多いと思われます。しかしそれらの物を置きっぱなしにしているとホコリや湿気が溜まりやすくなってしまいます。そのような場所は腐敗しやすくなりがちなので定期的に動かして掃除しなければなりません。

常に安全に配慮する

ウッドデッキは広々としたスペースなので遊びまわるのに最適ですが同時に怪我をしてしまう可能性もあります。ウッドデッキの床は木製なので普段からしっかり手入れしていても雨風にさらされて形状が変化してしまう事はあります。

微妙なひび割れやへこみ、あるいはささくれや滑りやすくなることもあるかもしれません。その状態で歩くと足に木片が刺さったり、指をぶつけて怪我をしてしまうかもしれません。そのためメンテナンスの際は木材に変化が無いかどうかチェックする必要があります。あるいは小さな子供が遊ぶ場合にはウッドデッキから落下して怪我してしまう恐れもあるので柵を付けるなどの処置も必要になるでしょう。

ウッドデッキの施工例

ここからは実際にBinOつくばで施工したウッドデッキの施工例を画像と共にご紹介します。

右側の屋根の下にウッドデッキが付いています。リビングから裸足のままで出入りできて2~3人がくつろげる程度の広さとなっています。こちらのウッドデッキは通常のウッドデッキと違い屋根がかかっている場所にあります。そのため小雨程度なら降っても濡れずに済みます。尚且つ見通しがいい場所に位置しているので子供の遊び場から休日のくつろぎスペースまでたくさんの可能性が考えられます。

玄関からリビングまで横に広がったウッドデッキになっています。リビングの掃き出し窓だけでなく玄関ドアまで繋がっているのでシームレスで自宅を繋ぐことが出来ます。こちらのウッドデッキは遊びやくつろぎだけでなく、玄関ドアに通せない大きな荷物をリビングから通すことも出来るでしょう。屋根も付いているので雨天時にリビングの窓を開けていても雨水が中まで入ってこないというメリットもあります。

2か所の掃き出し窓を出入り口としたウッドデッキです。ウッドデッキで部屋を繋ぐことで室内の部屋により一体感を加える事が出来ます。窓から少し離れた場所は屋根がかかっていないので洗濯物を干すのに最適なスペースとなるでしょう。またこのウッドデッキの嬉しいポイントとしてコンセントも付いているので様々な遊びやアウトドアに有効活用できることでしょう。

まとめ

ウッドデッキは室内と庭を繋ぐ木材を使ったスペースであり、裸足で出歩ける広いスペースなので色々な活用方法が考えられます。主に敷地面積の広い一軒家の1階に設置する事が多いので集合住宅や2階以上のフロアには難しいですが工夫次第では狭小住宅の限られた庭のスペースにもウッドデッキは取り付けられるでしょう。

BinOつくばの住宅を見学してみよう