新築のコストダウンを考える。どこをコストダウンするべきか?

おしゃれ住宅
マリコ

新築を建てようと思うのですが欲しい設備や家財をたくさん取り入れると予算内に収まりません。どうすればいいのでしょうか?

注文住宅
オジさん

新築はそれ自体が高価な買い物なので高くなってしまうのは仕方ありません。しかしよく考えて下さい。それらは本当に必要ですか?不要なものを見つけ出せればいくらでもコストダウン出来る可能性はありますよ。

新築は生涯で最も高価な買い物と言っても過言ではありません。家そのものだけでなく建物の設備や構造などの一つ一つが高価なので予算の範囲内に収める事は難しいのではないでしょうか?

しかし新築物件は良くも悪くも購入者の思うがままなので価格を上げる事が出来れば逆に下げる事も出来ます。予算内の収まらなくて困っている方はよく見てみて下さい。不要な設備はありませんか?もし見つけ出せればそれがコストダウンのチャンスです。

そこで今回は新築物件のコストダウンについてご紹介します。高価な買い物だからこそ頑張ってコストダウンして納得の行く買い物を目指しましょう。

新築におけるコストダウンの重要性

新築物件を建てるとなると取り入れたい要素ばかり気になってしまいたくさんの設備や家財を取り入れてしまいます。しかし物件のスペースには限りがあるので当然何でもかんでも導入できるわけではありません。ましてや建築の素人が設計した場合コストの計算をしながら計画を立てることなど至難の業なのでどうしてもコストオーバーしてしまうことが多々あります。

新築住宅はコストダウンの余地あり!

新築物件は人生において一二を争う程に高価な買い物なのでコストも高額になりがちです。だからこそコストダウンはする価値があります。新築物件は良くも悪くも計画次第で高くも安くもなるのでコストダウンの可能性は大いに秘めています。しかもコストダウンした際の一つ一つの金額が大きいので今後の生活を大きく左右することもあります。

新築のコストダウンできる部分

ここからは新築物件においてコストダウン出来る要素の中でも特に効果の高いとされる設備やパーツについてご紹介します。

家の形は総2階がオススメ

2階建ての一軒家を建てる際に2階のフロアが1階に比べて狭くなっている作りよりも両フロアとも全く同じ形になっている総2階の方がコストは抑えられます。総2階の方が基礎の構造が単純になりますし、1階の部分に屋根を付ける必要が無くなります。そのため余程の理由が無い限り建物は総2階にするべきでしょう。

ポイント:極力シンプルな構造に

新築物件の外殻は基本的にシンプルな構造の方がよりコストダウンに繋がります。例えば屋根は4方向に面がある寄棟(よせむね)よりも2方向にしか面が無い切妻(きりづま)の方が単純な構造なので低コストになります。また外壁に関しては凹凸の多いデコボコした形よりも真四角でスッキリした形の方が構造も単純になりますし壁の数も少なくなるのでお得です。

内装部分の無駄を省く

住宅の内装はデザイン性にしろ機能性にしろ普段の生活を大きく左右する部分なのでこだわりたいところです。しかしよく見ると無駄な部分がたくさんあるのでコストダウンできる可能性は大いに秘めています。

和室(床の間や書院など)

和室は床の間や書院などの独自のスペースがたくさんあるのでコストがかかります。しかもそれらのスペースは普段の生活で頻繁に使用するものではないから不要だと感じている人もいるのではないでしょうか。和室が欲しいという特別な理由でもない限り、思い切って洋室にしてみたらコストダウンに繋がるのではないでしょうか。

壁の数を減らす

壁の数は多ければ多い程コストがかかってしまいます。そのためコストダウンするためには壁の数はなるべく少ない方が良いでしょう。間取りを考える際も壁の数はなるべく少ない方が材料費も施工費も削減できます。壁を増やすと部屋数やプライベートの空間が生まれるというメリットがありますが、仕切りが多すぎて同居者同士でコミュニケーションが取りずらくなってしまいます。しかも小さい子供がいる家庭では子供に目が行き届かなくなってしまうこともあります。

また壁を新築の段階で設置してしまうと後で取り外すことはできませんが、壁を少なくして後々壁が欲しくなった場合はパーテーションなどで仕切りを作るということは出来ます。広いスペースで家族団らんのひと時を過ごすためには壁はなるべく少なめにした方が経済的になるといえるでしょう。

家具は既存製品を使い回す

新築の際の家具の取り扱い方は大きく分けて2通りあります。新たに作るか既製品を持ち込むかのどちらかです。新築物件に引っ越す際は室内の寸法やデザインに併せるために、あるいは気分を一新するために新品の家具(ベッド、棚、机など)をオーダーメイドで作る方も多いはずです。しかしオーダーメイドの家具は当然高いのでそれだけコストが上がってしまいます。逆に現在の住まいで利用している家具を持ち込む場合であれば当然コストはかかりません。コストダウンを意識した新築物件を建てる際にどちらを優先すべきかは一目瞭然でしょう。

不要なパーツを減らす

不要なパーツを減らすことはコストダウンの基本です。新築住宅はデザイン性な利便性などを考慮して様々なパーツを付けたしたくなってしまいますが、それらこそコストダウンに繋がる第一歩となります。

不要なパーツ・フェンス

家の周りを囲むフェンスは防犯効果をもたらすので設置する事が多いですが取り付けなければ大きなコストダウンに繋がります。フェンスを取り外すと家全体に解放感が生まれるので見晴らしも良くなりますし外出時の出入りも楽になります。防犯効果に関しては玄関を電子ロックにしたり防犯性能のある窓ガラスを設置する事で賄う事が出来ます。

不要なパーツ・窓ガラス

窓ガラスもコストがかかる部位の一つなので減らせば減らす程コストダウンに繋がります。窓ガラスは外の気温の影響を受けやすく室温の変化を招く一番の原因と言われていますので減らしたリ小さくすればエアコン代の省エネにも期待できます。ただし窓を無暗に減らすと自然の明かりが入らなくなったり閉鎖間が生じてしまうので十分注意して下さい。

コストダウンしてはいけない部分

新築物件はコストダウン出来る部分がたくさんあります。しかしだからといってコストダウンの事ばかりに重きを置いてはいけません。コストダウンしてはいけない部分もあるのでしっかり覚えておきましょう。

基礎はコストダウンNG

コストダウンしてはいけない部分は基礎や構造などの建物の骨組みとなっている部分です。現在の日本の不動産は全ての建物に対して万全な耐震性能が装備されていることを重視しています。そのため耐震性能を担う建物の骨組みの部分は極めて重要な要素と言えます。

基礎の部分に手を抜くと将来後悔する

むしろ建物の骨組みが弱いと後々補強工事をしなければいけなかったり、有事の際には命の危険にまで発展しかねません。そのため長い目で安心して生活できる住宅を実現するためには建物の骨組みのコストは出し惜しみしない方が良いでしょう。

どれくらいの金額をコストダウンできるか?

新築住宅の予算をコストダウン出来る方法はたくさんあります。では実際にコストダウンを行ったらどれくらいの金額を削減出来るのでしょうか?ここでは上記で紹介したコストダウン出来る部分の中でも高額なコストダウンが見込める部分の予想金額をご紹介します。

住宅を総2階へ→約30万円

外壁を真四角に→約40万円

フェンスを外す→約100万円

壁を減らす→約15~40万円

最も大きなコストダウンが見込める部分はフェンスでした。材質や種類によって値段は変わると思われますが家全体を覆う部分なので材料費も施工費もかかりやすい部分と言えます。取り払わなかったとしても材質を安い物に変えるだけでも大きなコストダウンが見込めます。

それ以外では家の形を成す部分や壁などの家の構造に直接関わる部分は大きなコストダウンの可能性が秘めています。総じて言えることは無駄な部分を取り除いてなるべくシンプルなデザインにすることがコストダウンへ繋がるという事です。

床面積の縮小はコストダウンの基本

そういう意味では最も効果のあるコストダウンは床面積を小さくすることです。床面積が小さい=物件そのものが小さくなるということなので当然コストは少なくなりますし、材料費・施工費ともに大きく削減出来ます。当然と言えば当然ですが。

まとめ

新築物件は高価になりがちだからこそ積極的にコストダウンしていかなければなりません。それに余計な設備を導入すると途中でメンテナンスなどの費用もかさんでしまいます。むしろこの先長い期間に渡って住み続ける家だからこそ本当に必要なモノだけが揃った住宅を目指すべきではないでしょうか。

BinOつくばの住宅を見学してみよう