新築祝いのマナー。上司や知人にやるべきことを解説

おしゃれ住宅
マリコ

知り合いが新築住宅に引っ越したので新築祝いを贈ろうと思っています。でも新築祝いってどんなものをどのような方法で贈ればいいのでしょうか?

注文住宅
オジさん

新築祝いを贈る上で最も大事なのは相手を祝う気持ちですがマナーを守ることも重要です。今回だけでなくこれから先何度も贈る機会があると思うのでしっかり覚えておきましょう。

家は人生で最も大きな買い物と言っても過言ではないので購入者あるいは転居者に対してしっかりとお祝いしてあげる必要があります。新築祝いはただプレゼントするだけでなくマナーに則って贈ることで相手とも有効な関係を築けることでしょう。

そこで今回は新築祝いの贈り方についてご紹介します。友人・親族・仕事上の仲間など贈る相手は多岐にわたるのでそれぞれの人に合ったマナーを覚えておきましょう。

親しい人が新築を建てたら新築祝いを贈る

友人や仕事上の仲間などが新築を建てたり引越しをしたらそのお祝いとして新築祝いを渡すという風習があります。新築の購入や転居は人生の中でも特に大きな行事に当たるので、新築祝いにはそれをお祝いするという意味が込められています。

マンションでも新築祝いは必要?

新築祝いは戸建ての住宅だけでなくマンションを購入した人に対しても贈ります。あるいは知人が経営している会社が事務所や店舗を新築した場合にも新築祝いを贈る風習があります。つまりどんな形であれ新築を購入したら新築祝いをすると覚えておきましょう。

ちなみに中古住宅やマンションの購入・引っ越し、あるいは賃貸マンションに引っ越した場合は引越し祝いや餞別という名目になります。企業の事務所が中古物件に移転する際は移転祝いという形でギフトを贈ります。

新築祝いを渡すタイミング

新築祝いはその名の通り新築を購入したことを祝うという目的があるので購入者が新築を購入して間もない時期に渡すことがマナーとなっています。渡す時期はなるべく早めが好ましいとされています。

新築お披露目日がベスト

新築祝いを渡すタイミングで最も好ましいのは新築お披露目の時です。新築を購入した際に購入者が親しい人達を呼んで食事会などを開くので参加した際に渡すのが良いでしょう。あるいはお披露目日の前日までに相手の自宅に届くように手配します。

完成してから2か月以内に贈る

もしお披露目日に都合が合わない場合は新居が完成してから2か月以内に贈ります。以前までは新築完成から30日以内がマナーとされていましたが、引越し直後は相手も新生活の準備で忙しいためある程度落ち着いて尚且つ新築の雰囲気が残っている段階が好ましいでしょう。

新築祝いのギフトの選び方

新築祝いを贈る上で贈る時期も大事ですが、それと同等もしくはそれ以上に重要なのがギフトの種類です。新築祝いの定番品はいくつかありますが相手が貰って嬉しいと思ってもらえるようなギフトを贈るように心がけましょう。

新築祝いの金額相場

新築祝いの金額の相場は相手によって異なります。兄弟や親戚などの血縁関係にある人は1万~3万円、友人や仕事仲間などには5000円~1万円程度の品物を贈るのが通例となっています。

新築祝いのギフトは基本的にお祝いの品を贈ります。ネット通販や百貨店で用意しているカタログギフトを参考にすると良いでしょう。親しい友人や会社の後輩の場合は現金や金券の様な簡単に用意できる物でも構いませんが、親族や上司などの大事な相手にはちゃんとしたギフトを選ぶ必要があります。

 新築祝いのおすすめギフト

新築祝いの定番品と言えばお花・インテリア・実用品などがあります。これらはギフト用のカタログにたくさん載っているのでその中から選びます。特にタオルセットは質が高く使い勝手が良いので安定の一品です。観葉植物も定番品です。お祝い品として使用される花や相手の好みに合わせた花を贈るとお祝いとしての雰囲気が一層高まります。

お菓子や食料品の様な簡単に消化できるものでも良いですし、お酒が好きな方ならアルコール類を贈っても喜ばれるでしょう。基本的にギフトはかさばるものを贈ると迷惑になり兼ねないので日用品や消費できるものが好ましいです。

友人や知人などの親しい間柄の人に新築祝いを贈る場合は何が欲しいか相手に聞いてしまうという手段もあります。新居に引っ越しして間もない頃であれば足りない物が出て来ることも多々あるので、それを聞いて贈るととても喜ばれます。

意外にも!?新築祝いにNGな品

新築祝いのギフトの中には貰っても嬉しくない物や縁起の悪い物もあるので選ばないように注意しましょう。意外にも新築祝いの定番品である花や観葉植物はその後の世話が必要なので相手によっては嫌がられる可能性があります。また時計や絵画の様なインテリア品や大きい物もかさばるので貰っても喜ばれないかもしれません。このように定番品と言えども相手にとっては嬉しくない可能性があるので注意して下さい。

縁起の悪い贈り物

赤い色の品物は火事を連想させる贈り物なので新築祝いには相応しくないとされています。そのためライターやコンロなどの火器類も避けましょう。

また壁掛け時計やカレンダーなどの壁に穴をあける品も新居には相応しくないのでNGです。事前に新居の内装を見せて貰えたならば新築の雰囲気に合わないインテリア品もやめましょう。

他にもマットやスリッパの履物・敷物は踏みつけるというイメージがあるので、目上の人へ贈るギフトとしては厳禁です。それから相手との関係性に似つかわしくないような高級品もかえって相手に気を使わせてしまうので避けましょう。

新築のお祝儀はいくら入れる?

新築祝いの際はギフトだけでなくお祝儀も贈ることがあります。お祝儀の金額はその他の冠婚葬祭と同様に自分と相手の関係性によって変わってきます。相手との距離感が近い人ほど高くなって縁が薄い人ほど安くなると覚えておきましょう。

金額の目安

新築祝いのお祝儀の金額の目安は友人や仕事仲間なら5000円~1万円が妥当です。会社の同僚ならば数人で出し合って一つの祝儀袋に包んで渡すという方法もあります。家族や親戚など血縁関係にある人は1万~5万円で血縁関係が近ければ近いほど高くなります。

祝儀袋のマナーについて

結婚や出世のお祝儀と同様に新築祝いの祝儀袋にもルールがあります。水引の結び目は紐が蝶結び(花結び)になっている祝儀袋を使います。結婚式の際に使用する祝儀袋は結び切りと呼ばれ一回きりしか起きて欲しくない行事のために使用します。新築祝いや引っ越し祝いは何度起きても嬉しい事なので蝶結びの祝儀袋を使用しましょう。

祝儀袋の文字

祝儀袋に書く文字も複数の種類があり、新築祝いの場合は「祝御新築」「御新築祝」「御祝」などがあります。ただの引越しの場合は「御引越祝」で、住宅ではなくビルや店舗を新築した場合は落成と呼ぶので「御落成祝」「祝御落成」と表記します。

その他お金の種類や入れ方、名前の書き方などのマナーはその他の祝儀袋と同じです。一度覚えておけば何度も使用できるので覚えておきましょう。

新築祝いのお返し

新築祝いをいただいたらお返しをすることがマナーとなっています。その際は当事者が食事会などに招待して新居披露することが新築祝いへのお返しとなっています。

もし新居披露が出来ないあるいは、新築祝いの送り主が新居披露に参加できない場合はお返しの品を贈ります。この時の贈り物は消耗品などの簡単な物で構いません。

金額的には新築祝いで貰った品の3分の1程度の価値のあるものが好ましいです。新居披露は転居してから1か月~2か月以内に行うので、お返しを贈る時期も同じくらいが目安となります。

まとめ

新築祝いはこの先何度も贈る機会が発生する可能性があるのでしっかり覚えておく必要があります。その際はマナーを守って相手が喜ぶ品を贈るように心がけましょう。しかし新築祝いにおいて一番大事なのは相手を祝福する気持ちです。マナーも大事ですが相手が喜んでくれる様に配慮する事が大切です。

BinOつくばの住宅を見学してみよう

http://bino-tsukubai.com/shiryo