理想の住宅の間取りとは?人それぞれの理想の間取りを考える

 

おしゃれ住宅
マリコ

新築の間取り決めって夢があって楽しそう!でも実際にやって後悔したという話もよく聞くし、大変なのでしょうか?

 

注文住宅
オジさん

間取りは一度決めたら変更が効かないので責任重大です。新築住宅は長期間に渡って住み続ける家ですから、将来のことも見据えながら決めていかなければいけませんよ。

住宅の間取りは日々の生活の良し悪しを左右するのでとても重要です。新築物件は家族の人数が多ければ多いほど、それぞれの意見を取り入れなければなりません。今回ご紹介する間取りを考える際のコツや過去の失敗例を参考にして理想の間取りについて考えてみましょう。

新築住宅の間取りは考えるのが大変

マイホームの購入は人生で最も大きな買い物と言っても過言ではありません。新築住宅の間取りを考えることはワクワクするし楽しい作業でもあります。しかし一度決定した間取りはやり直しが効きませんし、家族全員の意見を取り入れなければならないので慎重に考える必要があります。

新築住宅の購入はほとんどの人にとって初めての出来事なので、間取りを決めることも難しく感じてしまいます。もちろんプロの設計士と相談しながら決めるのですが、あくまでも要望は本人が出します。設計士との打ち合わせは1回で決まることは滅多にないので何度も打ち合わせする必要があります。

要望は無限、面積は有限

新築の間取りを考える際に大抵の方が「あれが欲しい。これも入れたい」という要望で溢れます。しかし敷地の面積は限られているので何でも入れられるわけではありません。本当に欲しいものは何か?どれを重視するべきか?を明確にする必要があります。

住人の生活様式も変化します。特に大きな変化を見せるのが子供です。幼少期と青年期ではライフスタイルが全然違うのでどちらのスタイルにも対応できるように間取りを考えなければなりません。

この様に新築住宅の間取りを決めることは問題が山積みになるので簡単に決められるものではありません。ましてや建築の知識が無い方なら何から手を付ければいいか分からないのではないでしょうか。そこで次項では間取りを決める際に注目すべきポイントについてご紹介します。

間取りを考える際のコツ

最初は玄関と階段から

2階建て以上の新築住宅を建てるのであれば、まずは階段と玄関の位置から決めましょう。玄関と階段は誰もが日常生活で頻繁に使用する場所なので間取りを決める際の出だしとなります。最初に玄関と階段の位置を決めて、その後に他の部屋の間取りを考えましょう。

玄関と階段の間取りを決める際に重要なポイントは玄関と階段の位置関係です。既存の住宅においても玄関と階段の距離が近い場合と離れている場合の二通りがあります。階段が玄関の近くにあるなら2階へのアクセスが便利になります。逆に玄関と階段の間に距離を置いて帰宅後に2階へ行く際にリビングを通過するような間取りにすれば家族の帰宅を確認出来るようになります。

階段の形式も考える必要があります。階段は一直線にするか踊り場を付けるかで変わります。一直線な階段なら下に隙間が出来るのでトイレや収納スペースが作れます。踊り場付きなら転倒時の大けがを比較的防止出来るので小さな子供がいても安心です。

コンセントはなるべく多めが良い

間取りを決めるうえで大事なのがコンセントの位置です。日常生活においてどの家庭でも毎日家電を使用し続けるのでコンセントの位置は部屋割りを同じくらい重要です。コンセントの位置は導線の組み方などの難しい事情もありますがなるべく多い方が良いでしょう。位置も1部屋に1か所ではなく可能であれば2か所以上あった方が便利です。リビングなどの広い部屋ならばなおさらです。

コンセントの数や位置を決める際は家族の中で最も電化製品をよく使う人物の意見を取り入れるべきです。家事をする際のコンセントの便利な位置を考えながら設計すれば効率良く家事が出来るようになるでしょう。

窓は地域性も考慮する

窓は住宅の建材の中でも特に重要なパーツと言えます。窓の位置は採光・通風・温度管理を大きく左右します。窓は明かりを取り入れるために付いているので南側を向いていることが多いです。もし窓を2か所に設置するならば東と西あるいは北と南のように向かい合って付けましょう。そうすると風通しの良い室内環境に繋がります。

窓はたくさんあって大きい方が風通しの良い明るい部屋なりますが、冬は逆に寒くなりやすくなってしまいます。窓は室温が低下する原因と言われているので北海道と東北地方などの寒い地域の物件なら注意が必要です。窓による室温低下を防ぎたいのであれば断熱効果の高い複層ガラスや内窓を取り付けるといった方法もあります。

間取りの失敗例から学ぶ

収納スペースは無いと困る

新築の間取りを決めて住んでみた時に後悔する原因として有名なのが収納スペースです。収納スペースは多い分には越したことはないですが、逆に少ないと後悔することが多いです。家族の持ち物は年月とともに確実に増えていきます。最初の頃は保管場所に困らなくても買い物や子供の成長が原因で必ず増えていきます。

特に寝室と子供部屋は趣味や生活用品で物が溢れやすいので収納スペースは最低1か所は必須です。間取りの関係上どうしてもクローゼットの様な大きい収納スペースを作れないなら、デッドスペースを利用したり屋根裏部屋を作成して収納スペースをたくさん作るように心がけましょう。

水回りは玄関から離れた場所にまとめる

台所、トイレ、洗面所、風呂場などの水回りも間取りを考える上で重要なポイントです。水回りは生活に無くてはならない存在ですが、トラブルの原因にもなりかねません。例えばトイレや風呂場が寝室の近くだと排水音が響いてしまい睡眠の妨げになることもあります。また玄関からリビングまでの間に水回りがある場合は来客が来た際に生活の一部を見せてしまうことにならないよう工夫が必要です。そのため水回りを寝室や玄関の近くに配置する場合は注意が必要です

また水回りは排水管の位置関係も重要になります。台所、トイレ、洗面所、風呂場などが離れた位置にあると配管工事が大変になってしまい、建築やメンテナンスの費用が高くなってしまいます。そのため水回りはなるべく近くにまとめるように心がけましょう。さらに家族住まいの住宅でトイレが1個しかないと朝の忙しい時間帯に渋滞を引き起こしかねないので各フロアの1個ずつくらいは欲しいところです。

吹き抜けはおしゃれだが通気性の良さが問題

上階と下階の間を開けて吹き抜けにすることで見通しも風通しも良くなります。一見すると良いことだらけの様に見えますが、寒くなりやすい北陸地域には不向きです。断熱対策の施していない住宅に吹き抜けがあると部屋全体が一気に冷えてしまい、暖房器具を使用しても中々温まらなくなってしまいます。

逆に窓が少なくて換気が出来ないと湿気が溜まりやすくなってしまいます。湿気が溜まると結露やカビが発生して不衛生な室内になってしまいます。しかも窓が少ないと自然の明かりが入らないので、室内の明かりが完全に電灯頼りになってしまいます。このように風通しが良いと寒くなりやすいですし、閉め切ったとしてもデメリットがあります。これらの問題は地域ごとの環境によって解決方法が変わるので自分達の要望だけでなく周辺の気候なども考慮しながら考えましょう。

子供がいる家庭の間取りについて

新築住宅を建てる人はほとんどが家族住まいなので子供の生活のことも考えながら間取りを決めることになります。子供がいる家庭はその分スペースが必要になるので広い間取りでなければいけません。また、子供は成長するにつれライフスタイルが大きく変わります。特に部屋の割り振りは悩みどころとなるでしょう。

面積はそのままに部屋の形式を変える

幼少期の子供ならば2~3人を1部屋で共有させても大丈夫ですが、中高生になると1人ずつ部屋を欲しがります。これは性別が違う姉弟ならなおさらでしょう。そのため間取りを設計する段階で子供が成長した時のことを考慮しなければいけません。

間取りの面積は限られているので、その中で部屋の大きさや数を変更する必要があります。例えば幼少期の頃は広い部屋1つを子供部屋として全員を共有させます。その後大きくなったら大部屋の真ん中に壁を1枚追加して2部屋に分けるといった方法があります。

またお父さんが使っている書斎や普段は使わない応接室を子供部屋として割り当てる方法もあります。どのような方法にしろ子供は成長すると1人1部屋を欲しがるので新築の時点で子供が小さくても、将来のために余裕を持った間取りを組むように心がけましょう。

まとめ

新築住宅の間取りの設計は楽しい作業である反面、責任も大きくのしかかります。この先数十年間に渡って住み続ける住宅なので目先のことだけでなく将来のことも見通して余裕のある間取りを組むことが納得のいく間取りを決める秘訣となるでしょう。

BinOつくばの住宅を見学してみよう

http://bino-tsukubai.com/shiryo