新築住宅にビルトインガレージを設計する。メリットとデメリットについて

おしゃれ住宅
マリコ

駐車場の設計で困っているのですがビルトインガレージが良いと聞きました。でもビルトインガレージを良く知らないので教えてもらえますか?

注文住宅
オジさん

一言で言うと建物中に内蔵された駐車スペースのことです。1階のスペースを大きく取ってしまいますが狭い敷地内でも駐車スペースを確保できるのでとても便利ですよ。

車を持っている方が新築住宅を購入する際は駐車場が必要になります。駐車場は様々な形式がありますが、現在はビルトインガレージがとても人気となっています。敷地を有効活用出来るので効率の良い駐車スペースですが、注意点もあります。新築の駐車場は必ずしもビルトインガレージが最適であるとは限りません。今回はそんなビルトインガレージについてご紹介します。新築の駐車場の設計について悩んでいる方は是非参考にしてみて下さい。

ビルトインガレージの特徴

ビルトインガレージの特徴は駐車スペースが建物の中に入り込んで一体化している点です。基本的に建物の1階あるいは地下室に設けられています。駐車場が自宅に直結しているので、車で外出する際もドアトゥードアで車と部屋を行き来することが出来ます。そのため車を頻繁に使用する人にはとても便利な存在となります。

シャッター付きのビルトインガレージは雨風を防げるタイプが多いです。またシャッターで遮ることにより第三者の出入りを防止することも出来ます。

ビルトインガレージのメリット

ビルトインガレージは敷地を有効活用出来たり、コスト削減に役立つといったメリットがあります。他にも車好きな方が趣味の空間として利用するケースもあります。

敷地面積を狭くできる

ビルトインガレージは駐車場のスペースを建物内に導入してしまうので狭い敷地の中でも設計することが出来ます。都内や駅前の密集地帯に新築を建てる場合、使用できる敷地面積が限られていることが多いので駐車場を設計することが難しくなります。

しかしビルトインガレージならば建物の範囲内に駐車スペースを設計するので貴重な敷地面積を効率良く使用できます。特に狭い敷地内に建てる狭小住宅に向いています。狭小住宅以外でも敷地を有効活用出来るので庭のスペースを広く取るといったメリットが生まれます。

コストを削減出来る

ビルトインガレージはコスト削減を目的として設計する方がたくさんいます。駐車場に面積を取られる心配が無いので床面積を狭くすることが出来ます。床面積が狭いと固定資産税を安く出来るので、少しでも費用を安くしたい場合にはビルトインガレージがお勧めです。

自分だけの駐車スペース

ビルトインガレージは自分専用の駐車場なので高い満足感を得られます。駐車場を設けずに近隣の月極駐車場を利用する場合、家から遠い・他人の車と同じ場所・別料金がかかるなどの問題が発生します。しかしビルトインガレージならば家の中に駐車場があるのですぐに乗り降り出来ますし、当然新築を建てる費用しかかかりません。特に自分の車だけの専用スペースであるという点は車にこだわりがある人にとっては重要になるでしょう。

屋根がある

ビルトインガレージは建物の1階あるいは地下1階に位置しているので自然と屋根が存在します。屋根があると雨風をしのげるという大きなメリットが生まれます。まず車を乗り降りする際に雨天時でも雨に濡れることがありません。また雨風から車を守ってくれるので大切

な車を長く乗り続けることが出来ます。

車は基本的に雨風にさらされても問題ありませんが、その状態が長く続くと部品が錆びついて車自体の寿命を短くしてしまいます。ホコリや水垢などが付着して見栄えも悪くなってしまうので駐車スペースに屋根があるかないかはかなり大きなポイントとなります。

部屋から直接乗れる

ビルトインガレージの中に部屋に直結するドアを設置すれば、外に出ずに部屋から直接車に乗れます。これにより車での移動がより楽になります。より短時間でより効率的に外出できるようになるので、障害者やお年寄りなどの乗車にも負担をかけません。そのためビルトインガレージはバリアフリーを意識した住宅にも適しています。

車が好きな人にとっては趣味の空間

ビルトインガレージのメリットは機能性やコストなどの効率の良さだけではありません。車が好きな人にとっては夢の様な空間に仕上げることも出来ます。自宅の中の駐車スペースなので誰にも邪魔されずに、好きなだけ車いじりが楽しめます。またビルトインガレージの片隅にイスとテーブルを置いて車を鑑賞するといった楽しみ方も出来ます。

ビルトインガレージのデメリット

ビルトインガレージはとても便利ですが、建物自体が狭くなるので生活に支障が出たりセキュリティ・耐久性に問題が発生します。またこだわりだすと余計なコストがかかってしまうという問題点もあります。

1階部分が狭くなる

ビルトインガレージは1階の大部分のスペースを駐車場に割く形になります。そのため建物の居住スペースは必然的に2階や3階になってしまいます。玄関や水回りを少しばかり1階に設計することは出来るでしょうが、ビルトインガレージを建てる場合リビングや寝室などは上階に設計することになるでしょう。そのため階段で上り下りをすることに抵抗がある人にとってビルトインガレージは不向きかもしれません。

車の音がうるさい

ビルトインガレージの中で車のエンジンを始動させるとエンジン音が室内全体に鳴り響いてしまいます。これは中にいる人達にとってはかなり迷惑な騒音になります。特に夜間や早朝だと寝ている最中にエンジン音が鳴り響くことになるのでかなり迷惑と言えます。エンジン音を防ぐためには壁に防音材を敷き詰める必要がありますが、そうすると余計なコストがかかってしまいます。

車庫入れが大変

ビルトインガレージは余程広く設計しない限り車1台あるいは2台分のスペースしか無いので、そこまで広くありません。そのため車庫入れに不安がある人には車の出し入れが大変になるでしょう。普通の駐車場であれば見通しが良いのでそこまで苦労しないかもしれません。屋根付きの狭い駐車スペースは運転に自信が無い人にとってかなり難易度が高いです。そのため普段あまり運転しない人や車庫入れが苦手な人にとってはビルトインガレージは難易度が高いかもしれません。

セキュリティ面が不安

ビルトインガレージはシャッターが無く外からでも車が見える作りになっている場合もあります。その場合第三者でもビルトインガレージ内に簡単に入れてしまうので泥棒や車上荒らしの危険が出てしまいます。ビルトインガレージは使用していない時はかなり暗いので死角が出来てしまいます。そのまま中に入ってしまうと2階・3階からでは誰かが潜んでいても見つけられません。もしシャッターが無いタイプのビルトインガレージを導入するのであれば外壁や防犯カメラなどのセキュリティ対策が必要になるでしょう。

耐久性が不安

ビルトインガレージは1階のほとんどのスペースを駐車場として使うので、1階が何もない空間になってしまいます。建物の重さを支える1階の部分が空洞になっているとかなり不安定な作りになってしまうので耐久性が心配になります。特に木造住宅の場合、鉄筋コンクリート造に比べて耐久性が劣るのでビルトインガレージを導入する条件が厳しくなります。場合によっては木造住宅ではビルトインガレージは作れないという可能性もあります。

こだわりだすとコストがかかる

ビルトインガレージはこだわりだすとコストがかなり高くなってしまいます。趣味の空間として使用するということはビルトインガレージ内での滞在時間が長くなるという事なので照明や空調設備が必要になります。そうすると電気の導線を引いてくる必要がありますし、電気代もかかってしまいます。またビルトインガレージ内でエンジンを始動させると排気ガスが溜まるので換気扇も必要になります。コスト削減を目的としてビルトインガレージを導入する方はたくさんいますが、こだわりだすと逆に費用がかさんでしまうので注意が必要です。

新築のビルトインガレージはありか?無しか?

ビルトインガレージは機能性・コスト面に大きなメリットがあるので人気があります。しかしデメリットも少なくないのでどんな人にもお勧めできるわけではありません。ではビルトインガレージが向いている人とは?あるいは向いていない人はどのような特徴があるのでしょうか?

ビルトインガレージが必要な人

まず狭い敷地内にある新築住宅はビルトインガレージがお勧めです。狭小住宅の様な狭い家の場合だと建物自体のスペースを確保するだけでいっぱいになってしまうので駐車場を作ることが出来ません。その場合1階にビルトインガレージを設計することで狭い敷地内でも駐車場を作ることが出来ます。居住スペースは2階・3階に作れば問題無いのでとても効率良く新築を設計できます。

車が好きで自分で車をいじったり観賞するのが趣味な人にもビルトインガレージはお勧めです。ビルトインガレージは完全に外と隔離された空間を作り出せるので、ただの駐車場ではなく自分一人で車を楽しめる趣味の部屋として利用することも出来ます。

1階にビルトインガレージへ繋がるドアを設置すればドアトゥードアで部屋から車へ移動できるので一切外に出ることなく外出することも可能です。これは障害者やお年寄りが住んでいる住宅にはありがたい設備と言えるでしょう。

ビルトインガレージにシャッターを取り付ければ防犯対策にもなります。逆にシャッターが無い場合はセキュリティ面に不安がありますが、車が外から見えないようにすれば泥棒や車上荒らしを未然に防ぐことが出来ます。自分の大切な車を守りたい方はシャッター付きビルトインガレージが必要になるでしょう。

ビルトインガレージが不要な人

家の近くに安い月極駐車場があってそれでも十分な方にとっては、ビルトインガレージは不要かもしれません。ビルトインガレージを設計すると一般的な住宅よりも初期費用がかさんでしまうことがあります。しかも1階のほとんどの間取りを駐車スペースに使ってしまいます。そのため建物自体をしっかりと居住スペースとして使用したい方にとってはビルトインガレージは不向きと言えるでしょう。

ビルトインガレージはあまり広くありません。そのため狭いスペースの中で駐車することになります。夜間の場合外にに明るさも無い状況なので車庫入れの難易度がさらに高まるでしょう。つまり車庫入れに自信が無い人にはビルトインガレージはお勧めできません。

まとめ

ビルトインガレージは敷地を有効活用出来るので機能性とコスト面に大きなメリットが生じます。逆に1階が狭くなることや車が室内に入ることによって生活に支障が出ることもあります。良いことばかりではなく問題点もあるので、双方をよく考えてビルトインガレージの設計を検討してみましょう。

BinOつくばの住宅を見学してみよう

http://bino-tsukubai.com/shiryo

 

Homeへ