新築住宅を建てるならモデルハウスを見学しよう。注目ポイントなどを紹介

おしゃれ住宅
マリコ

今度モデルハウスの見学に行くことになりました。とても楽しみです。

注文住宅
オジさん

それは良いですね。モデルハウスは中まで見学できるので新築住宅を購入する上で大事な情報がたくさん得られます。要点を絞って見学するとより一層効率良く見て回れますよ。

住宅展示場には新築住宅のサンプル品であるモデルハウスがたくさん並んでいます。どれも最新設備を導入した綺麗な住宅なので見ているだけでも楽しい気分になります。新築住宅の購入を考えている人はそこで大事な情報をたくさん得られるのでよく考えて見学する必要があります。そこで今回はモデルハウスを見学するためのポイントをご紹介します。自分にとって有益な情報をたくさん手に入れて最も理想に近い住宅を探しましょう。

モデルハウスを見学しよう

新築住宅の購入を考えている方はモデルハウスを見学することが出来ます。モデルハウスとは住宅のサンプルのことで、町中にある住宅展示場にいくつかのモデルハウスが固まって展示してあります。

各住宅販売会社のモデルハウスが数件展示されているのでとても参考になりますし、とても綺麗な状態の新品の住宅を中まで見学できます。中に入って間取りや家具の配置例を目にすることが出来るので新築住宅の購入を真剣に考えている方は一度足を運ぶことをお勧めします。

モデルハウスは各メーカーの最新設備が導入された新品の住宅ばかりなので、とても綺麗で便利なシステムの搭載された住宅ばかりです。かなり魅力的な住宅ばかりなので見れば見るほど目移りしてしまうでしょう。

基本的な流れ

モデルハウスで見学するための大まかな流れをご紹介します。まず受付で見学を申し込みます。モデルハウスの前には担当者が受付で待機しているので見学の申込用紙に必要事項を記入します。その際にモデルハウスに関する資料をもらえることもあります。

次に実際にモデルハウスを見学します。見学は外観はもちろんのこと室内に入って部屋中を歩いて回れます。実際に部屋に足を踏み入れることでその住宅の住み心地を実感出来るでしょう。見学の際は担当者が付き添う形になります。新築住宅は最新の設備が搭載されていることもあるので、担当者から説明してもらいます。もちろん気になることがあればその場で担当者に質問出来ます。

その後もしモデルハウスの住宅を購入する意思があるならば、新築住宅の購入にかかる費用の見積もりを計算してもらいます。モデルハウスの内観と見積もりの金額を見て納得できる内容ならばそのまま購入手続きを進めることも出来ます。その場合実際の支払う金額や引き渡し日程などの細かい話を打ち合わせます。他にも見て回りたい場合はそのモデルハウスでのやり取りを終了して別のモデルハウスへ行って同じように見学します。

モデルハウスの見学でやること

モデルハウスで出来ることの一番の醍醐味は実際の住宅を見学することです。アパートやマンションへ引っ越す際に不動産屋へ行って担当者と一緒に内覧するのと同様に、新築住宅も内覧することになります。しかし新築住宅は当然まだ建物が建てられていないので現物ではなくモデルハウスを見学することになります。

実際に住宅を体験する

モデルハウスは外見だけでなく中へ入って各部屋の雰囲気や間取りを見て回ります。実際に見て回ることで、ホームページや紙媒体の広告では得られない雰囲気を感じ取れます。特に空調や照明などの設備は動かせるのであれば実際に動かしてみると、本当に良い物なのかどうか把握できます。

予約は不要

モデルハウスは基本的に誰でも見学できるようになっています。そのためいきなり住宅展示場へ行って、予約無しで担当者へ声をかけても問題ありません。ただし会社によっては予約が必要なモデルハウスもあります。人気のある物件や繫盛期の期間は住宅展示場に人が集まりやすいので、行ってもすぐに見学できずに待たされることもあります。心配な方は新築住宅の販売会社や住宅展示場のホームページで予約の有無を調べて、必要ならばネット上で予約を済ませてしまいましょう。

見積もりの算出

モデルハウスでは物件を見学するだけでなく新築購入に当たってかかる費用の見積もりを計算してもらえます。ホームページやチラシにも金額は表示されていますが、それはあくまでも住宅そのものにかかる費用だけです。

新築住宅を購入する際は税金がかかりますし、オプションで便利な設備を導入すればその分の費用もかかります。そのため実際にかかる金額を知るためには担当者に問い合わせて見積もりを出してもらう必要があります。新築住宅を購入する場合ほとんどの方が住宅ローンを組んで購入すると思われます。住宅ローンに関してもプランの建て方やなるべく少ない金額で済ませられるプランの情報を提供してもらえます。

購入の決断・入居時期の計画

モデルハウスを見てみて費用を計算して、納得がいけばそのまま契約を決断出来ます。しかしいざ新築住宅を購入するとなってもまだ実際に住む住宅は建てられていないので、工事にはどれくらいの日数がかかるのか?を計算する必要があります。これも担当者に相談して入居日の打ち合わせを相談します。

モデルハウス見学時の注目ポイント

事前に回るモデルハウスを決めておく

住宅展示場には各メーカーのモデルハウスがたくさん展示してあります。もちろんどれでも好きなように見学できるのですが、全部を見て回るのは難しいです。そのため事前にどのようなモデルハウスがあるのか調べて気になるモデルハウスをチェックしておきましょう。現地に行ってその場で決めるよりもある程度計画を立てて見学した方が効率良く回ることが出来ます。

くまなくチェックする

モデルハウスは新築住宅の実物を見学できる良いチャンスです。特に室内に関してはモデルハウスでないと足を踏み入れることは出来ません。そのため見学時に見れる部分は隅から隅までチェックしましょう。

リビングや寝室だけでなく風呂場やトイレなどの狭いスペースもチェックする必要がありますし、ドアや窓ガラスなどのパーツも注目してみましょう。見た目が綺麗な住宅であってもパーツに安い材質を使っているかもしれません。特に窓のサッシがアルミ製だったら断熱性能が弱いので室内が寒くなりやすくなる可能性があります。

実生活をイメージする

モデルハウスは綺麗な住宅なので見学しているだけで十分楽しいですが、目的は自分が住むための新しい家を探すことです。本気で新築住宅の購入を検討しているならば、その住宅が自分達の生活に合っているかどうかを照らし合わせることが大事です。

モデルハウスの中で普段の生活導線を想像してみて下さい。自分や家族がどう動くか、家事をする際に効率良く動けるかをイメージしてみましょう。特に怪しいのが朝の時間帯の水回りです。渋滞を起しやすい場所なので注意が必要です。参考までに言うと、2階にもトイレや洗面所があって、キッチンはリビングと繋がっている方が渋滞を防げます。

コンセントの数も注意してみましょう。コンセントは新築住宅に引っ越した人が後悔しやすい要素の一つです。コンセントは多い分には越したことは無いですが、 少ないと家電の設置に苦労するかもしれません。広いリビングや細長い廊下などはコンセントの距離が遠いと掃除機が届かない恐れがあります。そのためコンセントがどこにあるかはしっかりとチェックしておきましょう。

注目する点をメモしておく

当日モデルハウスに行って見学する前に自分が新築住宅を購入する上で重視するポイントを洗い出しておきましょう。広いリビングが欲しい、子供部屋は一人一部屋欲しい、床暖房を付けたい、和室が欲しいなど人それぞれ違いがあるはずです。そういった注目すべき点を持っておくことで意識しながら見学に挑めます。見学したら距離や見た印象などをメモしておきましょう。

写真を撮る

もしモデルハウスの撮影が可能なら写真を撮っておきましょう。その際は高性能なカメラではなく携帯のカメラ機能で十分です。ただ見るだけでなく記録を残しておくことで後からでも参考に出来ますし、見学できなかった家族に実際の見た目を見せることも出来ます。

住宅展示場内を数件分回る

モデルハウスは1件だけでなく複数件見学するようにしましょう。1件だけしか見学しなかった場合その物件に住むかどうかとい判断しか出来なくなります。しかし複数件見て回ることでどれにするか選択肢が広がります。それぞれの住宅を比較することでより自分の理想に近い物件に出会える可能性が出てきます。その際に写真を残しておくと比較できるから便利です。

家具は付いてこない

モデルハウスは実生活をイメージさせやすくするためにソファやベッドなどの家具が置いてあります。しかし当然これらはサンプルなので実際の購入時には付いて来ません。現在使用している家具をそのまま使用するつもりならば、新居のサイズに合わない恐れがあるので事前に自分が今使用している家具のサイズをチェックしておきましょう。モデルハウスと同じ家具を買うことも出来ますが、それらは大抵高い物ばかりなので予算も高めになってしまいます。

担当者の口車に乗せられない

モデルハウスを見学する際はその住宅の販売会社の担当者が付き添って色々と説明してくれます。部屋の設備や特徴について詳しく説明してくれるのでとてもありがたい存在ですが、中には住宅を売ることに必死になっている担当者もいます。

担当者は住宅を販売するために存在しているので、営業の成果を出したいがために何とかしてお客様に住宅を売ろうと試みます。その場合細かいことは気にせずに、住宅の良いところばかり説明します。こちらから質問しても良い部分ばかりしか答えないので、欠点には全く触れようとしません。

費用に関しては割引サービスの話ばかりします。一見お得のように見えますが、期間限定や細かい条件付きだったりするので長い目で見るとそうでもない割引サービスもあるので注意してください。このような担当者がいるモデルハウスは買うべきではありません。

その場の勢いと口車に乗せられて購入すると、大抵の場合において後悔します。逆にこちらの質問にしっかり返事してくれる人は信頼できるので積極的に頼ってみましょう。

家族全員で見学する

新築住宅に家族で住む場合、可能な限り全員が見学に参加するようにしましょう。住宅は家族全員で住むものなので、誰か一人の意志で勝手に決めてしまうと他の人が不満を漏らしてトラブルの原因になります。

旦那さんと奥さんでは生活の仕方が違うので住宅における必要な要素も違ってきます。子供がいる場合は自分達が住む子供部屋が気になるはずなので同行させて子供部屋を見せてあげましょう。ただし幼児の同行には注意が必要です。誤ってモデルハウスを傷つけてしまう危険性や、話が長くなってぐずることもあるので幼児に関しては注意しましょう。

持参する持ち物

モデルハウスの見学時に持参の義務がある持ち物はありませんが、持っておいた方が便利な物はあります。

資料・筆記用具・メジャー・カメラ

チラシや郵送された住宅の資料を持参すると参考資料として使えます。見学の事前予約をすると間取り図などの資料が送付されることもあるので持参しましょう。筆記用具は用紙に必要事項を記入する際に使います。大抵は受付で用意しているので必要ありませんが、念のため持参するべきです。見学時にノートやもらった資料にメモすれば後で見返すと大変便利です。

メジャーは部屋の長さを測るために使用します。既存の家具の設置する場合、長さに関する情報が重要になります。カメラも当然物件を撮影するために使用しますが、場合によっては撮影NGなモデルハウスもあるので担当者に確認してください。

まとめ

モデルハウスは実物を見学できるだけでなく担当者と直接詳細を話し合うことも出来るのでとても貴重な機会です。新築住宅の購入を考えている人はモデルハウスを見学することで住宅そのものだけでなく様々な情報を得られますので、是非一度積極的に参加してみましょう。

BinOつくばの住宅を見学してみよう

http://bino-tsukubai.com/shiryo

Homeへ