今後需要が高まると噂のバリアフリー住宅について。

おしゃれ住宅
マリコ

バリアフリー住宅って障害者向けの住宅のことですよね?一般的な住宅とはどのような違いがあるのですか?

注文住宅
オジさん

バリアフリー住宅は障害者や高齢者が室内で快適に過ごす上で妨げとなってしまう物を排除した住宅のことです。一般的な住宅には無い仕組みがたくさん存在します。最近ではそれと似たような内容の「ユニバーサルデザイン」という物も存在します。

現在日本は少子高齢化が進んでいるので高齢者へ向けた対策が進められています。その中の一つがバリアフリー住宅です。体が不自由な人でも快適に過ごせる住宅は現在の高齢者や障害者だけでなくこれからそうなるであろう人達にとっても必要です。今回はバリアフリー住宅についてご紹介します。

バリアフリー住宅とは?

バリアフリー住宅とは高齢者や体に障害を抱えている人でも住みやすい構造になっている住宅のことです。以前から病院や医療関係の施設にバリアフリーの設備が普及していますが、バリアフリー住宅はそれらを自宅にも導入するといったコンセプトになっています。

需要は高くなる

このバリアフリー住宅は現在少子高齢化に伴い、日本国内でとても需要が高まっています。新築住宅としてバリアフリー住宅を建てた場合や既存の住宅をリフォームしてバリアフリー設備を導入すると国から補助金を受け取れる制度もあります。

健常者の人々は気にならないと思われますが、一般的な住宅は体が不自由な人にとって使いづらい設備がたくさんあります。その家の中の使いづらさを無くして住み心地の良さを追求した家がバリアフリー住宅となります。体に不自由がない方でも、高齢期を迎えた際や怪我をした時に必要になる可能性が非常に高いのでバリアフリー住宅はこれからどんどん普及していくことが予想されます。

バリアフリー住宅における重要なポイント

バリアフリー住宅は高齢者や障害者の生活の障害を排除した住宅です。バリアフリー住宅をデザインするためにはいくつかのポイントがあります。

段差を無くす

室内の段差は足が悪い障害者にとって最大の敵です。室内の段差は階段やドアの敷居などがあります。わずかでも床に段差があるとつまずいて怪我をする恐れがありますし、車椅子の場合通れなくなるかもしれません。そのような障害を防ぐためにバリアフリー住宅では段差は極力排除した設計になっています。

スペースは広く取る

高齢者も障害者も狭いスペースを移動することが得意ではないので一つ一つのスペースを広く取る必要があります。特に普段以上の広さを要求されるのが廊下です。車椅子や松葉杖を使用する人が廊下を通る場合、健常者よりも広い横幅が必要になります。車椅子に乗った人が廊下を通る場合最低でも78㎝以上の横幅が必要と言われています。また車椅子が廊下で方向転換するならば150㎝以上は必要になります。そのためバリアフリー住宅は一般的な住宅よりも廊下がかなり広い作りになります。

トイレの工夫

バリアフリー住宅はトイレに使いやすい設備が導入されています。車椅子の人が入れるように中が広くなっているだけでなく便器の近くに手すりがあって、座る際に利用できるようになっています。トイレの中には洗面台も用意されていて用を足したらすぐに手を洗えるようになっています。

寝室から近い方が良い

またバリアフリー住宅のトイレは寝室の近くに設計されています。高齢者の場合トイレが近い人が多いので、夜間や朝起きた時にトイレが遠い場所にあると大変です。そのためトイレの距離を寝室からなるべく近い位置にしてすぐに入れるようにします。その場合、普通のトイレだと水を流す音がうるさくて他の寝ている人にとって迷惑になるので静音設計になった高性能なトイレが必要とされます。

テーブルの高さは車椅子が基準

普通のテーブルは大人が床に足を付いた状態でイスに座った時の高さを基準にしています。しかしバリアフリー住宅にあるテーブルは車椅子の利用者を想定しています。車椅子は普通のイスより少し低い位置になるので、テーブルもやや低めになります。

それと同時に洗面台も車椅子に座った状態で問題無く使用できる高さになっています。その場合流しの下にある戸棚のスペースを潰すことになりますが、障害者は低い位置にある物を出し入れすることを得意としないのでそのまま潰してしまうこともあります。

バリアフリー住宅によく見られる要素

スロープ

2階建て以上の一般的な住宅において階段はごく普通に存在する物です。しかし高齢者や障碍者にとって階段とはとても厄介な存在です。足に障害を抱えている人は階段だけでなく段差そのものが苦手なので、ちょっとした段差であっても移動が大変です。しかも車椅子の場合段差を越えることが大変どころか通過すること自体が不可能であるケースもあります。

障害者が段差を越えるために必要

そのため高さの違う場所へ移動するために、バリアフリー住宅ではスロープを設置して高さの障害を乗り越えています。スロープは簡単に言うと坂道です。階段の代わりに緩やかな傾斜を設けることで違う高さへの移動にかかる負担を軽減しています。スロープは階段に比べて距離が長くなるので設計も大変ですがバリアフリー住宅には必要不可欠な存在です。

スロープは主に玄関に設置してあります。玄関を外の地面と同じ高さにすると室内に雨水が入り込んでしまう恐れがあるので少し高く設計する必要があります。一般的な住宅ならば階段を数段設置するのですがバリアフリー住宅はスロープによって上がれるように設計します。

室内にもスロープが設計されていることもあります。また、スロープは緩やかな段差なので2階に上がることはできません。そのためバリアフリー住宅は平屋であることがほとんどです。2階建て以上の住宅にする場合は中にエレベーターを設置する必要があります。

手すり

手すりは高齢者や足が悪い人が移動する時に必要です。バリアフリー住宅では階段や廊下など至る所に手すりが設けてあります。手すりは全ての人がつかみやすい場所に設置する必要があるので高すぎても低すぎてもダメです。

また金属の手すりだと冬場は冷たくなったり静電気を起こしたりするので木製の手すりが好ましいです。リビングや廊下などの共有スペースだけでなく、風呂場やトイレにもついています。浴室と便器は立ったり座ったりといった動作が求められるので、体の状態を動かすときに手すりが必要になります。

引き戸

一般的な住宅ではドアノブを持って前後に動かすことで開閉する開き戸タイプのドアが主流となっています。しかし開き戸はバリアフリー住宅には向いていません。そのため引き戸タイプのドアが使用されています。引き戸タイプはドアを横にスライドさせて開けます。取っ手をつかんで横にずらすだけなので、力の弱い人でも簡単に開けられます。

引き戸は広くて使いやすい

引き戸の場合ドア一枚分のスペースを開けられるのでとても広い空間を作り出せます。一般的な引き戸の場合動かす際に持つ部分がへこんでいて、そこに指を引っかけて移動させます。しかしバリアフリー住宅の場合、大きい取っ手が設置してあるので誰にでも持ちやすい設計になっています。

和風向けだがバリアフリー住宅に使用される

引き戸と開き戸の違いは、引き戸は日本家屋の障子や襖の構造を利用しているので和風な住宅のデザインに適しているのに対して開き戸は欧米の住宅に由来しているので洋風デザインの住宅に適しています。現在の日本の住宅はほとんどが洋風住宅になっていてバリアフリー住宅も洋風スタイルがほとんどです。しかし最近では洋風住宅でもしっくりくるデザインの引き戸もあります。特に病院や介護施設の出入り口はほとんどが引き戸タイプとなっています。

ユニバーサルデザインとは?

バリアフリー住宅の需要が高くなりつつあることと同時に、ユニバーサルデザインの住宅も話題に上がるようになりました。ではユニバーサルデザインとは一体なんなのでしょうか?

ユニバーサルデザインは、障害者だったロナルド・メイス氏が、バリアフリー対応設備の「障害者だけの特別扱い」に嫌気がさして、最初から多くの方に使いやすいものを作る設計手法として発明されました。一方、バリアフリーは障害者・高齢者などの生活弱者のために、生活に障害となる物理的な障壁の削除を行うという、過去の反省に立った考え方で進化してきました。 
 ひとつ例を挙げて考えてみましょう。建物玄関前の段差について注目します。 玄関前にある段差にスロープを付けるのはバリアフリーの考え方です。一方、ユニバーサルデザインでは、設計時点からスロープを計画し作りあげる事となります。しかし、どうでしょう。完成した入口は全く同じ形状なのです。これが混同しやすい理由なのかもしれません。

参照元 http://ud-shizuoka.jp/ubpla/bfud_chigai.html

バリアフリー住宅とユニバーサルデザインはどちらも住人の住みやすさを追求した設計になっています。見た目や設備の違いはほとんどありませんが、バリアフリーが高齢者や障害者などの体が不自由な人を対象にしているのに対してユニバーサルデザインは全ての人を対象にしています。そのためユニバーサルデザインは障害者だけでなく健常者も含む老若男女全てが快適に過ごせる住宅となります。

障害者だけでなく全員にとって便利な住宅

例えばバリアフリー住宅の場合、スロープや手すりを導入して障害者の移動のストレスを軽減していますが、そこにコンピューターも導入して音声や端末による遠隔操作で自分から離れた位置にある機械を使用するといった快適さも追求するのがユニバーサルデザインです。

福祉の精神は同じ

内容や設備は両者ともに酷似しています。しかし設計者の思想の違いが所々に現れることがあります。バリアフリー住宅は少子高齢化社会に悩まされる日本で普及しつつありますが、ユニバーサルデザインは各国の人種差別を無くすために普及しています。しかしどちらも優しさや福祉の精神によるものという共通点があります。

まとめ

バリアフリー住宅は体が不自由な人でも快適に過ごすことを意識した住宅のことです。現在は補助金制度の制定などにより国から積極的に建設が求められています。バリアフリーの精神はこれから先もずっと必要となるので、バリアフリー住宅もどんどん発展していくことでしょう。

BinOつくばの住宅を見学してみよう

http://bino-tsukubai.com/shiryo

 

Homeへ