新築住宅の屋根裏収納は便利!?特徴や注意点などについて

おしゃれ住宅
マリコ

新築住宅のデザインを考えているのですが収納スペースをもう少し増やせないか悩んでいます。何かいい方法はありませんか?

注文住宅
オジさん

それなら屋根裏収納がおすすめですよ。屋根裏収納は本来ならば使わない場所を収納スペースとして使用するのでとても便利です。とても広い場所なのでたくさん物を保管出来ますよ。

収納スペースは多いに越したことは無いので新築住宅をデザインする際はなるべく多く収納スペースを作るべきでしょう。しかし間取りは限られているので収納スペースの場所にも限界があります。そこで屋根裏収納の設置をおすすめします。普段使わないスペースを収納に使えるのでとても効率良く物を保管できます。

屋根裏収納とは?

屋根裏収納とはその名の通り屋根裏のスペースを利用した収納方法のことです。屋根裏は一戸建て住宅の天井に付いていることがあります。本来だったら無駄な空間になってしまうはずの屋根裏を利用した収納方法が最近は人気となっています。

無駄になっていたスペースの有効活用

一昔前までは屋根裏とは全く使い道の無い空間でした。屋根裏へ繋がる出入り口もなく、完全に塞がれて真っ暗闇でホコリまみれになっているイメージがあったので使いどころのない場所でした。しかし実は屋根裏とは収納スペースにもってこいの場所なのです。

今回はそんな屋根裏収納についてご紹介します。屋根裏収納が持つ特徴や注意点などを踏まえて、どんな使い方が便利なのかをご紹介します。

屋根裏収納の特徴

屋根裏収納は当然のごとく屋根裏が付いている住宅に使える方法です。屋根裏は片流れ、寄棟、切妻などの角度の付いた屋根のある住宅に付いています。逆に陸屋根と呼ばれる平らな屋根が付いている住宅には屋根裏がありません。

屋根裏は角度の付いた屋根に存在する

片流れ、寄棟、切妻などは三角形の様な形をしているので、天井との間に隙間が生じます。これが屋根裏と呼ばれる場所です。屋根裏は高さが140㎝未満で面積が下の階の半分以下であることが条件となっています。これ以上大きい空間になると普通に部屋として法律で扱われるので屋根裏ではなくなります。

屋根裏収納はとても便利

屋根裏収納は元々使い道が全く無かったデッドスペースを有効活用する収納方法なのでとても便利です。屋根裏収納が便利な理由はたくさんあります。

収納スペースとしてはかなり広い

収納スペースと言えば押入れやクローゼットや戸棚など部屋の片隅にあるイメージがあります。収納スペースに大きな間取りを割り当てることは中々ないので普段使わない荷物が入りきらずに置き場所に困ったことは誰でも一度はあるのではないでしょうか。屋根裏収納の場合、住宅の種類によって大きさは異なるものの他の収納スペースに比べてあきらかに広いです。そのためたくさんの荷物を保管することが出来ます。

普段使わない物の収納にピッタリ

自宅に眠っている一定の時期にしか使わない物は誰でもあるのではないでしょうか。例を挙げると正月飾り、ひな祭りセット、サーフボード、スキー板、クリスマスセットなど季節ごとに使用する道具や掃除用具の様な月に数回しか使わないような物もあれば、子供の昔の思い出の品などの捨てるにはもったいない物など使っている時間よりも使っていない時間の方が明らかに長い物はたくさんあります。

これらの物は普段から頻繁に出入りする居住スペースに置いておくと邪魔に感じてしまいます。そのため普段は使わないけど時期が来たら使うから捨てるに捨てられないといった悩みを抱えている人は多いはずです。そんな時に普段出入りしない屋根裏だからこそ、これらの荷物を保管するのに重宝します。

各フロアに設置できる

屋根裏収納は屋根の下にあるスペースなので最上階に位置しているイメージがあります。しかし設計次第では1階の天井裏にも収納スペースを作ることは可能です。屋根裏を設置するとその分、部屋の高さを犠牲にすることになりますが収納スペースを追加出来るのでとても便利です。新築住宅の収納スペースは多い分には越したことが無いので設置できるなら設置するべきではないでしょうか。

また、各フロアに屋根裏収納があればそれぞれのフロアごとに収納することも出来ます。例えば掃除用具や車に使用する道具などは1階に保管した方がすぐに使えます。逆に寝具や衣類などは寝室のある2階に保管すれば使う時にすぐに取り出せます。この様に使う場所に使い屋根裏に荷物を収納すればより一層効率良く荷物を保管することが出来ます。

屋根裏収納の注意点

 

屋根裏収納は元々使う予定の無い広いスペースを使うので一見するととても便利です。しかし不便な要素も含んでいるので使うに当たっては注意が必要です。

階段の上り下り

屋根裏へ行くためにははしごを上る必要があります。はしごは階段に比べて細くて狭いので上りにくいですし、足を踏み外して落下してしまったら怪我をする恐れもあるので少し危険です。また固定型のはしごの場合廊下にはしごがずっと設置してある状態なのではしご付近を通過する時に邪魔になってしまうかもしれません。

大きな物や重い荷物を取り出すのは危険

屋根裏収納は特定の季節にしか使用しない道具を保管するのに有効です。しかし屋根裏は前述のようにはしごで上るので不安定な状態で物を運ばなければなりません。季節に関する物はクリスマスツリーやバーベキューセットの様な大きな荷物がたくさんあります。これを抱えた状態ではしごを上らなければならないとなったらかなり危険な体勢になります。女性では持ち運びできないかもしれません。屋根裏の出入り口の大きさも限られているので場合によっては大きすぎて収納できないといったケースも生じます。

天井が低くなる

屋根裏収納を作るためにはその分のスペースを割かなければなりません。その場合住宅の横の空間は問題無いですが縦方向の空間は少し詰まってしまいます。生活に支障が出ない程度の高ささえあれば基本的には問題ありませんが、天井を高くして開放感のある部屋をデザインしたい場合には不向きです。

気温による影響が激しい

屋根裏は住宅の中で最も高い場所に位置しています。そのため室内の熱が上昇して屋根裏に集まるので夏場はとても蒸し暑くなります。食材やその他熱で溶けやすい荷物は保管できません。人が出入りする際も注意が必要です。家中の熱が集まって逃げ場がない状態なので極めて暑く、場合によっては熱中症になってしまう恐れもあります。冬場は昼間なら問題ありませんが日が出ていない時間帯はそれなりに冷え込みます。

湿気も溜まりやすい傾向にあります。そもそも屋根裏は人の居住スペースではないので冷暖房設備も換気設備もなく、人が快適に過ごせる保証はありません。

このように屋根裏は気温や湿気に対する耐性が無いので保管する物も選ぶ必要があります。例えば靴や衣類は湿気が原因でカビが生えてしまう恐れもあるので注意が必要です。

屋根裏収納の有効的な使い方

屋根裏収納はいくつかの注意点はあるものの、住宅の余ったスペースを有効活用出来るので便利です。デメリットを感じている人も工夫次第では便利に活用できます。

格納式のはしご

屋根裏へ繋がるはしごを固定タイプにすると廊下が狭くなるのでとても不便です。その場合格納式のはしごがおすすめです。格納式はしごは基本的に屋根裏のスペースに隠してあります。そして使用する際にはしごを降ろして立てかけます。格納式はしごは使う時だけしか廊下のスペースを取らないので、日常生活の邪魔になりません。

中にはスイッチを入れると自動で出し入れできる電動タイプの格納式はしごもあります。ただし格納式はしごを格納するための屋根裏のスペースが取られてしまうので収納出来るスペースは少なくなってしまいます。そのため屋根裏のスペースがたっぷりあって余裕がある人にとっては格納式はしごの方が便利です。

子供の遊び場になる

屋根裏収納は主に物を保管するために使用しますが他の使用方法もあります。それは一つの部屋として使用する方法です。特に子供の遊び場として使うのに有効です。

屋根裏は高さ140㎝以下なのでかなり低いですが、小さな子供なら立って歩き回れる位のスペースはあります。子供が遊ぶには十分なスペースと言えるでしょう。横の広さはそれぞれの住宅によって変わりますが子供の好きなおもちゃを置いたりして楽しい空間にすれば喜んでもらえること間違いなしです。

また屋根裏という少し隔離されたスペースは特別感が味わえるので子供の好奇心を大いにくすぐります。ちょっとした秘密基地感覚で楽しめるので友達を呼んで遊ぶにはピッタリでしょう。

大人用の部屋としても使える

屋根裏を使って遊べるのは子供だけではありません。大人だって楽しめます。大人にとってはそこまで広くないので出来ることは限られてしまいますが、休日に昼寝をしたり読書やDVD観賞などのリラックス出来る空間としては十分でしょう。

どちらにせよ屋根裏を部屋として使用するのであれば住み心地の良い環境を作らなければなりません。外気温と湿気が酷いので屋根に断熱材を取り付けて夏の蒸し暑さを防ぎましょう。湿気を取り除くためには窓を取り付けて、電池式の扇風機などを使用すると良いでしょう。

まとめ

屋根裏はとても広いにもかかわらず普段は使わない場所なので収納スペースとして使うのにピッタリです。上り下りの不便や気温差による影響など注意点はたくさんありますが、普段使わない物を保管するのに適しています。新築住宅のデザインを考えている方は屋根裏収納を検討してみてはいかがでしょうか。

BinOつくばの住宅を見学してみよう

http://bino-tsukubai.com/shiryo

Homeへ