成功例や失敗例を交えて注文住宅の間取りの決め方を紹介

おしゃれ住宅
マリコ

新築住宅の設計ってとても楽しそうですよね。広いリビングもおしゃれなバスルームも欲しい物をいっぱい取り入れたいです。

注文住宅
オジさん

ちょっと待ってください。注文住宅の設計は結構大変なんですよ。理想ばかり追いかけて後悔した人もたくさんいるので注意してくださいね。

注文住宅の設計は楽しそうに見えますが、実は落とし穴がたくさんあります。限られた敷地の中で家族全員が快適に過ごせる住宅を設計しなければならないので慎重に考えなければなりません。今回は注文住宅の成功例と失敗例をご紹介します。その後で快適な注文住宅を設計するための考え方をご紹介します。

注文住宅の間取りは決めるのが難しい

注文住宅とはいわゆるオーダーメイドの新築住宅なので一から全てを設計しながら作ります。夢のマイホームに自分の希望やこだわりをたくさん反映させられるので間取りを考える時間はとても楽しいものです。

しかし注文住宅の設計はほとんどの人達にとって初めての作業なので分からないこともたくさんあって悩んでしまうことも多々あります。そのせいで実際に完成した注文住宅が思っていたものと違って後悔してしまうこともあります。

注文住宅の設計は楽じゃない

注文住宅はただ単に自分の好きな物や欲しい物を詰め込めば良いというわけではありません。各部屋の広さや設備の個数や位置を考えなければいけませんし、温度や音の管理にも注意しなければなりません。そして失敗したからと言ってやり直しが効くものでもありません。そのため注文住宅は慎重に進める必要があります。

注文住宅の間取り:成功例

注文住宅の間取りを決めるためには過去に注文住宅を設計した人達の経験を参考にすることが重要になります。その中から「これは取り入れて良かった」という意見が多い成功例についてご紹介します。

収納スペースを多めにとる

収納スペースは住宅を設計する上でとても重要なポイントです。転居したばかりの頃はそこまで荷物が多くなかったとしても、長く住み続けることで荷物の数は増えていきます。特に小さな子供がいる家庭は子供が成長するにつれて学校行事や習い事・遊びなどで使う道具が増える一方になります。

そうなった時に十分な収納スペースが無いと置き場所に困ってしまいます。置き場所が無いと無理矢理置き場所を作って部屋が狭くなったり部屋の見栄えが悪くなってしまいます。ほとんどの方がかなり高い確率で荷物は増え続けるので収納スペースは多い分には越したことがないと言えるでしょう。

収納スペースの十分な数を確保するためには、各部屋に1か所ずつは欲しいところです。リビングや寝室は荷物が多いので当然のこととして、キッチンや玄関にも収納スペースは必要になります。

キッチンの収納スペース

キッチンは調理器具だけではなく食品を保管するための収納スペースも必要なので、広さだけでなく収納スペースの個数も重要になります。物を取り出しやすい食器棚や高温多湿を避けることを意識した食糧庫などそれぞれの用途に合わせた収納スペースが必要になります。

玄関の収納スペース

玄関の収納スペースは主に靴を保管するために必要です。家族がたくさんいるのであればそれだけ靴の数も多くなるので広いスペースが必要になります。

通常であれば下駄箱を玄関に置けば十分ですが、それだと玄関のスペースが狭くなってしまうかもしれません。靴が多いならシューズクローゼットを設計することをお勧めします。広さのあるシューズクローゼットなら靴だけでなく玄関用の掃除用具なども収納できるので効率良く使うことが出来ます。

見通しの良いキッチン

キッチンはリビングと繋がっていて料理をしながらリビングの様子を伺えるような形式が好まれています。特に小さな子供がいる家庭の場合、料理をしながら子供の様子を見る必要があります。キッチンが壁側を向いているといちいち振り返らなければならないので大変です。

対面式キッチン・アイランドキッチンがおすすめ

現在はリビングの方を向きながら調理できる対面式キッチンや、周囲との繋がりが無く完全に独立したアイランドキッチンなどが人気を集めています。キッチンは完全に独立したスペースにするのではなく、他の部屋と行き来しやすい構造にすることで生活導線の繋がりも出来て家事を効率良く出来るようになります。

注文住宅の間取り:失敗例

注文住宅はどんなによく考えて設計しても失敗してしまうことも多々あります。一生に一度の買い物なので過去の失敗例を参照して二の舞にならないように注意しましょう。

扉の狭い収納スペースは使いづらい

収納スペースはとても重要なのでたくさん設置することに越したことはありません。しかし場合によっては収納スペースが非常に使いづらくなることもあります。例えば中の広さ自体は広いのに扉が狭い収納スペースは大きい荷物を中に入れることが出来ないので、折角広い収納スペースがあっても持て余してしまうことがあります。

それ以外にも奥行の広い収納スペースの場合、奥に詰め込んだ荷物を取り出す時に手前の荷物を全部出してからじゃないと取り出せないので非常に不便です。逆に奥行が浅すぎると大きな荷物が入らないので収納スペースとしての意味をなさないこともあります。

収納スペースを有効活用するためには各部屋の特徴に合わせた形に設計する必要があります。例えば寝室は布団などの大きな荷物を収納するのである程度奥行が必要になります。逆に廊下に横長な収納スペースを設計すれば掃除用具を保管して、使う時も簡単に取り出すことが出来ます。

生活導線の読み違い

生活導線とは日常生活における自分の動く道筋のことを意味します。自宅の中での自分が動くパターンというのは大体似たような形に限られるのでそれに合った間取りを設計すれば効率良く快適に過ごすことが出来ます。例えば玄関と風呂場が近い位置にあれば帰宅後すぐにお風呂に入れますし、キッチンに勝手口が付いていればゴミ捨てが楽になります。

逆に言うと生活導線を読み違えると非常に使いづらい住宅になってしまいます。よくあるパターンはキッチンと洗面所とトイレが近い位置に密集しているせいで朝の時間帯で渋滞を起こしてしまうことです。

朝は朝食の準備や身支度などで家族全員が似たような行動を起こします。キッチンと洗面所とトイレが近い位置にあれば非常に効率良く支度を済ませられますがそれは1人だけである場合に限った話です。全員が同じ行動を取ると逆に不便になってしまいます。

吹き抜けは冬になると寒い

2階建ての住宅のリビングや廊下を吹き抜けにすると縦の空間が広くなるので、狭い敷地に建てた住宅でも広さを演出することが出来ます。吹き抜けにするととてもおしゃれなデザインに仕上がるので人気があります。

しかし吹き抜けは温度管理が大変になります。特に冬の時期になると熱が2階に逃げてしまうので1階がとても寒くなります。暖房器具を使用しても広い空間を暖めるには時間がかかるので効率がとても悪くなってしまいます。

そのため吹き抜けを取り入れるのであれば空気がどう流れるかを考えて設計する必要があります。北陸地域などの寒い地域の場合、冬場は吹き抜けのせいで寒さ厳しくなる可能性が高いので導入しない方がいいかもしれません。

こだわりを持った間取りの決め方

注文住宅は一生に一度の大きな買い物なので満足の行く結果を出したいし、絶対に失敗したくありません。自分が取り入れたいと思っているこだわりはたくさんあったとてしも、こだわりばかり詰め込み過ぎると失敗する可能性があります。それでもせっかくの注文住宅なのでこだわりを持って自分が納得のいく設計を目指したいものです。そこで過ごしやすい注文住宅を設計するための秘訣をいくつかご紹介します。こだわりを持った注文住宅を設計するための参考にしてみて下さい。

トイレは各階に1か所

狭小住宅や住んでいる人数の少ない家庭だとトイレを1階に1個だけしか設置しない場合があります。しかし家族住まいで2階建て以上の住宅ならばトイレは各階に1か所設置することをお勧めします。トイレが1か所しかないと朝の時間帯に渋滞を起こしたり、2階の寝室でくつろいでいる時にわざわざ下まで降りなければなりません。近くに無いと何かと不便なのでトイレは各階に1か所あった方が良いです。

広いスペースは寒くなりやすい

注文住宅の間取りを考える際に部屋割りや広さに関してはよく考えますが温度に関しては関心が低くなりがちです。温度管理の行き届いていない住宅は夏や冬になると過ごしづらくなりますし、光熱費も余計にかかってしまいます。特に覚えておいて欲しいことは広いスペースは寒くなりやすいという事です。

吹き抜けやリビング階段など部屋を広く見せるデザインはおしゃれなので人気がありますが、広いスペースは暖房の効果が行き届きにくくなるので冬場は寒くなりがちです。もし広いスペースを取り入れたいのであれば床暖房や複層ガラスなどの寒さ対策を必ず取り入れるようにしましょう。

風呂場はこだわりすぎると無駄になる!?

風呂場は一日の疲れを取ってくれる癒しの場なので快適な空間を設計したいものです。注文住宅をデザインする際に販売会社から風呂場のオプションを紹介されることがあります。例えば浴室テレビやジェットバスなどあったら便利で魅力的なオプションなどがあります。

しかし過去に注文住宅をデザインした人達の話によると、そのような風呂場のオプションはあまり使わないとの事です。いくら魅力的に感じても実際に使うかどうかは別の話なので、本当に使うつもりがない限り余計なオプションは付けない方が良いでしょう。

30坪の面積で間取りを考える

注文住宅は30坪の面積が平均的な広さとなっています。1坪は3.30578㎡で0.5畳分なので、30坪の場合は約99.3㎡で60畳分の広さとなっています。30坪の住宅の場合2階建てで3LDKや4LDKが多いので、一世帯の家族が住むための平均的な面積と言えます。

30坪の住宅ならスペースを無駄なく使えばキッチン、リビング、風呂、トイレ、寝室、子供部屋などの生活に必要な部屋は問題無く取り入れられます。そこまで広くない物で良ければテラスや庭も設置できます。

1階を共有スペースにして2階を専有スペースにする

30坪の住宅の場合2階に子供部屋2ヵ所と両親が使う寝室1か所を割り当てて、それ以外の生活に必要なスペースを全て1階に割り当てることが多いです。この方が家族全員の共有スペースとそれぞれが専有するスペースにはっきりと分けられるので生活にメリハリが出来ます。

 

まとめ

注文住宅は落とし穴がたくさんあるので失敗しないためには情報収集が大事です。こだわりを持った住宅を設計するためには「何故そのこだわりが欲しいのか?」と「それを導入することでどんなメリットとデメリットが生じるか?」を考える必要があります。デメリットに対する対策を見つけられれば問題ありません。注文住宅は一生に一度の買い物なので納得のいく買い物を目指しましょう。

BinOつくばの住宅を見学してみよう

http://bino-tsukubai.com/shiryo

 

Homeへ